C57180「夏色・SLばんえつ物語Ⅰ」リアトリス 入道雲 | cavacho☆彡“きゃばちょこ”です。
新型コロナウイルスに関する情報について

cavacho☆彡“きゃばちょこ”です。

SL撮影&乗車を主に、鉄道模型、ライブラリー等、鉄道趣味全般対象です。
C57180「SLばんえつ物語」の撮影・乗車記事が多数。

 8月1日から今年の

C57180「SLばんえつ物語」

の運行が開始になりました。

 本来は4月末からの運行が予定されていたのですが、新型コロナウィールス感染症の広がりから「のってたのしい列車」の運行は軒並み中止に。

 7月から順次再開され、「SLばんえつ物語」は新潟支社の他の「のってたのしい列車」と足並みを揃え、8月1日からの運行となりました。

 

 私は8月1日は撮影。2日は乗車を楽しむこととしました。

 

 本日からまず4回に分けて「撮影編」を紹介、その後「乗車編」の紹介とさせていただきます。

 

 1日の最初は「リアトリス」が綺麗に咲いている「深戸橋梁」から撮影をスタートさせました。

 前日の大雨で磐越西線は1日朝になっても「馬下~野沢間」が運休のまま。運行再開がはっきりしない中、磐越西線へ向かいました。

 会津若松を過ぎた頃にJR東日本のホームページに

「9:30頃から再開」との情報があり、ホッとして現地に向かいました。

 

 現地に到着すると、1人がスタンバイ中。私はその方の隣にセッティングさせていただきました。

 その後、同じ福島県人の「Mさん」「Hさん」がやって来て、最終的には6人で撮影する事になりました。

 

 線路の状況を確認しながらの運行のため10分程遅れて真打はやって来ました。

 

 1、C57180 8226レ「SLばんえつ物語」 鹿瀬~日出谷 2020.08.01。

 C57180は素晴らしい煙でやってきました。

 梅雨明け宣言になり、入道雲も。手前のリアトリスも美しいです。

 

 2、別カメラは「夏空」強調の広いアングルで。

 手前の築堤は草木が伸びて、足回りが見えなくなっています。

 

 ※「深戸橋梁」の動画です。爆煙・ドラフト音・汽笛が良いです。1’39”

 

 

 撤収後は、定番地「小布施原」へ向かいます。その様子を次回に。