卒業生のお年賀状2019

テーマ:
里親さんたちの渾身の力作揃いです(ΦωΦ)
これがだんだん増えていくのがヒトスタッフの楽しみとなっております。孫の近況を受け取るおじいちゃんおばあちゃんてこんな気持ちなんでしょうかね。

2017年の卒業生、マイクとチョビ子。名前は変わらずマイクとチョビ子です。現在は板橋区内の高級マンションの高層階で暮らしていますw 
ハッチとロックです。
ロックは保育園生のうちに卒業してしまった猫メンですが、実はソーダとラムネの兄弟。今ではふたり揃って鎌倉のお坊ちゃまやってますw 名前も「八之助」「六之助」と、まるで歌舞伎役者のような立派なものに。しかもあのハッチがイクメンとして弟分のロックを可愛がっているのだそうですよ!
さてさてこちらは殿下とレオのコンビ+保育園生だったモカ(元は識別番号のみでした)です。名前は殿下→バロン、レオ→リオ、それぞれバージョンアップしておりますw

最初それほど関心のなかったはずのお父さんがもうメロメロになって、猫友さんと猫談義に花を咲かせているんだとか。板橋区内在住です(ΦωΦ)
誰だかわかりますか?
ニャンとミニーちゃんです!
こんなに大きく立派になりました。ママはTwitterで素敵なコスプレ画像をよくアップしてくださいます♪ 

そしてこちらの茶白紳士は先住猫のカメール先輩です。ミニーちゃんはカメール先輩が大好き。初めはやや片思いでしたが、最近は仲良しの模様。
こちらのナマズ系イケにゃんさんは、高円寺ニャンダラーズによって保護され、猫の診療室モモ在籍だった保育園生のオセロ・マンマンです。現在は海が好きなママによって「サンゴ」さんになりました♪ おしゃれタウンの吉祥寺在住のシティボーイです。
今年もみんなお幸せに〜〜

滑り込み松の内!謹賀新年

テーマ:
やっとこさお年賀状ができました。

新年の抱負はこれからですが
2月に盛大に旧正月を祝う諸国のように
2月2日と3日に「ニャウ正月」を祝う
ということにムリクリしちゃう所存ですw

今年の珍道中はさていかに。
2019もどうぞよろしくお願いします。

ここは1月末オープンを目指している「キャッツイン東京小豆沢の森(仮称)」予定地。まだ設計施工の調整中のため、着工はこれからです。

が。

おやおやおや。
こ、これは…!

猫カフェが始まっているではないですか!
「何でございましょ〜?」的なミケ殿。
そして大変営業がお上手。
お召し物は美しいスポット柄。
ウサギさんのようにプリティなボブテイル。

すっかり大家さんを手玉に取り、メロメロにした挙句、あっという間に骨抜きにしてしまいました。

確信犯の悪女です。
年末、「就職できるって聞いたんですけどぉ。保護猫カフェってここですよね?」とばかりに突然現れたミケ殿は推定6カ月。

狼狽する発見者の大家さんから連絡を受け、「あーしてこーしてこれ準備して!」とほぼ命令(すいません)。夜様子を見に行くと既にこの猫カフェ状態でしたw 営業終わるとサッサと段ボールハウスに戻ってウトウト。

わかってるね、キミ。

そんなこんなで新店舗ドタバタ準備中です

PS:
ミケ殿は猫カフェデビューの予定でしたが骨抜き大家さんのところで家族デビューすることになりそうですw 先輩保護猫のお二方の承認がいただけますように。

ハッピーニャーイヤー(ΦωΦ)

テーマ:
ご報告が遅くなりましたが、その後のCAT'S INN TOKYOについてお知らせです!

板橋区宮本町の1号店は2018年11月26日をもって閉店しました。悲喜こもごも、いろんな思いがありますが、最後の数日は閉店を惜しお客様や里親様がたくさん来てくださって、賑やかで楽しいひと時でした。

そして…!
ついに移転先の内部をチラ見せします。
ジャーン!
見事に何にもありませんw
そしてこの方、大家さんです。この小屋は主にこの愛車のガレージとして使っていたんですが「保護猫のためになるならぜひ!」と、格安でご提供くださったのでした…

しかしここは元々金属プレス工場をお父様が営んでいた跡地。だから壁も天井も床もインフラも何もない空っぽのスーパースケルトンw いったいいくらかけたら猫カフェにできるのか。途方もなくて、諦めようかと思ったこともありました。
だけれど大家さんは保護猫2匹の飼い主さんでもあり、猫好きであり、日頃からノラ猫に心を寄せているご夫婦。「保護猫カフェが来るなら大歓迎!」という優しい笑顔と思いやりのある言葉の数々をいただき、「ここで再開する!」と決めました。「賃貸でやるなら大家さんはパートナー。猫好き必須、お人柄最優先」は旧店舗の運営で学んだことです。
小さいですが、今度はお庭もあるんです♪ ただし開墾しないといけませんがw 敷地にある物置や様々な物は撤去してくださることになっています。そしてインフラ整備は大家さんにご準備いただけることになりました。

そしてこちらが入口になるところ。車1台を移動してくださり、植木は移植します。ただし、大きな甘柿の木、夏みかんの木、キウイの木はそのまま残して、あわよくば収穫したいと企んでおりますw
目の前は小豆沢公園。ちょっと鬱蒼としたこの雰囲気は、森の中のカフェのようでワクワクします。

そして肝心の設計ですが、まだあーでもないこーでもないとやっている段階なので、ラフなのですが…こんな感じです!
室内なのか外なのから曖昧な空間にしたいと思っています。雰囲気はシチリアの小径的な(笑)。そして天空の城ラピュタ的な。それでもって忍者屋敷で。もはや何だかわからないと思いますが(笑)、要するにワクワクせざるを得ない空間になる予定です!

最後にパースイメージを。これは構想の初期段階に作成してもらったものなので、ここからだいぶ変わります。
設計施工は、江ノ島にある猫フレンドリーオフィスtolettaを手掛けたチームです。保護猫と暮らす建築士。保護猫2匹の里親になった工務店。最強のチームが、店舗がなくなって行き場を失った保護猫たちのために立ち上がってくれました。

オープン目標は1月末。
がんばります!!!

移転のお知らせ

テーマ:

突然のお知らせですが、11月末日をもって賃貸借契約が切れるため、当店は移転いたします。所有者側とはいろいろ交渉したのですが、「オトナの事情」で再契約を取ることができませんでした。非常に残念です。でも閉店ではないのでご安心ください!保護猫に理解のある素敵な大家さんのところへの移転します。


店頭には既にポスターにてご案内しておりましたが、未確定の内容が多かったため、これまで情報公開に踏み切れませんでした。新店舗のオープン日はまだ未定ですが、1日でも早く温かく居心地の良い店舗を再開できるよう、全力で頑張ります!

ฅ(○•ω•○)ฅ 画像で文字が読みにくかった皆様へ

以下にテキストで書き出しましたので、ご確認いただければと思います。

<店舗移転のご案内>

保護猫カフェCAT'S INN TOKYOは2018年11月吉日をもちまして下記住所に移転します。新店舗OPENは工事完了次第の見込みです。


お店も少し広くなり、こじんまりしたかわいらしい庭もできる予定です。こちらをご提供くださったオーナーご一家も、保護猫2匹と暮らす大の猫好き。猫が結んでくれたご縁で、素敵な第二ステージを歩み出せそうです。


稲荷神社に守られた宮本町も人情味のある素敵なところでした。新店舗は小豆沢公園の目の前。雑木林のような既存の庭を生かし、森のカフェ風になる予定。題して「CAT'S INN TOKYO 小豆沢の森」。皆さまどうぞ楽しみに待っていてくださいね!


里親募集型保護猫カフェ 「CAT'S INN TOKYO」

TEL:050-5278-0663

FAX:03-6700-6600

MAIL:info@cats-inn.tokyo

BLOG:http://www.cats-inn.tokyo/

仮HP:https://cats-inn-tokyo.shopinfo.jp/


↓ 新店舗の目印になる「小豆沢公園」はこの辺です。