恐れていたことが、現実となってしまいました。

麗が扇風機を倒すことを、覚えてしまった。



ダイソンのタワー型ファンレス扇風機を購入して、約1ヶ月

遂にやられてしまいました。

麗が遂に、その倒し方を覚えてしまいました。



先週土曜日の夜のことでした。

寝ていた時に、突如ガコーン! とね。

扇風機が倒される音がしてね。

それ以来、倒すことが楽しくなってしまったみたいで。

変なこと、覚えてしまったみたいで。



どうやって、倒したのかって?

そこは、至って単純。

闘牛の如く、猛突進新幹線 です。

まさか5kgある扇風機を倒すとはね。

麗の体重と、あまり変わらない重さなのにですよ。

すごい勢い。



それでも。

扇風機が倒れたその物音に、自分でびっくりしちゃって。

おどおどしてました。

破壊女神も、そこは猫ですね。



そういえば。

有名な格闘ゲームにいました。

というのが。


www.tv-tokyo.co.jp

スト2'ターボまでだったんですけどね。

私はケン使いでした。



ダッシュ以降、横にスライドして3連打できる差別化がなされてね。

めくりアッパー昇竜拳でしたっけ。

練習しましたよー。



これまでに猫を13匹飼ってきてね。

こんな暴れん坊は、初めてです。

子猫のうちだけかと、思っていたのにね。

彼女のおてんばは、ちっとも収まりません。

そこが可愛くもあり。

彼女と暮らしていて、楽しいことでもある。



…今朝、気づいたんだけど。

右目の上、額と呼んでいいのかな?

コブができてるんですよガーン

今日のInstagramの方も、ご覧ください。

頭突きをした時に、できちゃったのか?



これはさすがに、やりすぎです。

扇風機が壊れるのは、困るし。

麗が怪我をするのは、もっと困ります。

注意しましょう。



新之助おじいちゃんが、ついていけないのも。

わかるよ。