10日間の収監は、見送りとなりました。

しかしその後の続報で、???な部分も増えてね。



先週このブログでも紹介しましたね。

79歳の女性が、野良猫への餌やりで収監される。

このニュース、たちまちネットに広がりました。

それくらいで収監は、処分が重すぎないか?

多くの反響は、そこに集中していました。

しかしいきなりそこに行き着いたわけでは、なくてね。



市の警察署が、これまでの経緯を発表しました。

それによると。

彼女は2年前から、保護観察下にあったのです。

遵守事項となっていたのが、野良猫の餌やりを止めること。

守ることができない場合には10日間の収監となると、言い渡されていました。

この5月にも、警告を受けたところでした。



度重なる警告を無視し続けたので、今回の処分にいたったわけです。

法的な手続きとしては、妥当でしょう。

2015年から住民の苦情は上がっていて。

地元では札付きだったの…かも?

今回は結局、執行猶予。

収監は免れました。



彼女の家に出入りしていた22匹の猫は、施設に引き取られました。

避妊去勢手術を受けて、次のお家を探します。

市では、野良猫の餌やりのみならず。

TNRも条例で禁止なんだって。



私が彼女の側のことで理解できないなと、思ったのはね。

近隣住民からの苦情の対象となっていたのは、糞尿のみならず…

猫の死体も、だったそうなんですよ。

猫好きな人が、猫の死体を放置しておくか…?

うーん…???



釈然としない話でした。


まあ、どんなことでもそうなんですけどね。

両方の言い分を聞かないと、ね。



そうよ!

私にだって、言い分はあるんだからね!




はいはい、麗ちゃん。

あなたはどうして、給水機を転覆させるの?

わけを聞かせてください。



それが楽しいからよ!

フヒヒヒ…
爆弾



今朝もやられました。

麗の勢いにはもう、五郎も手出しができません。

ひなとミイは、まだ彼女を止められるんだけど。

自分に向かってきたときだけ、かな。



アザラシンノスケは…

今朝も麗にヒゲを引っこ抜かれていました!?

頑張れおじいちゃん。

背中がちょっと脂で固まってました。