今日は猫写真で振り返る、過去10年間のiPhone。

懐かしい写真が、いっぱいです。


https://www.mercurynews.com/2017/09/13/slideshow-how-apples-new-iphones-stack-up-against-their-predecessors/

私がiPhoneを使い始めたのは、日本で初発売日だった2008年の7月11日。

初代のiPhone(2G)は日本では発売されず、2世代目の3Gからだったんですよね。

SoftBankの独占だったから、契約時には随分と足元を見られたものでした。



はっきりいって、話題性だけでショボい携帯でした。

日本のメーカーじゃこんな品質とても許されないよな、と。

当時IT製造業に勤めていた私は、そう思ったものでしたよ。



この3Gは、一年ちょっとしか持ちませんでした。

台所で水仕事してるときに準に流しに落とされて、水没傘

次が出てきていたので、3GSに買い換えました。



3GSも1年しか持たなかったんです。

コンクリートの上に落としたら、起動しなくなっちゃった。

で、4Sに買い換え。



4Sも1年で壊しちゃって、次は5。

まだデジカメ中心に撮っていた時代でした。

ちなみにこの比較、ペットサロンで撮影したうちの猫たちシリーズです。



5Sくらいからですかね、ハードもソフトも安定してきたのは。

この頃から、iPhoneだけで撮るようになってきました。

初めて2年間の契約満了まで使ったのが、5S。



2年後、6S plusに機種変更。

iPhone Xの12万円は高いと言われるけど、振り返ってみれば6S plusの64GBも11万円してたんですよ。

6s plus以降、猫写真はすべてiPhoneで撮るようになりました。



それなりに写るし、iCloud経由でiPhoneとMacが同期されるのが何より便利でね。

このブログが本格的に猫ブログ化したのは、6S plusのおかげです。

そう、準ちゃんを一番よく撮ったのが、6S plusだったね。



そして、7と8を飛ばして先週iPhone Xを購入。

こうして見てくると、スマホにとって10年間の変化は日進月歩ですね。

今回は通信大手3社とは契約を結ばずに、SIMフリーでmineoのau回線を入れました。



振り返ってみれば、私よく壊してますね。

iPhone Xは、どれくらい持つでしょうか。



そうそう。

ポートレートモードは良くできているけど、不自然なところが残る。

そう、前回の記事で書きました



以下の2枚を、見比べてください。

一目瞭然でしょう。





上は、iPhone Xのポートレートモード撮影。

下は、フルサイズのデジタル一眼レフ(ニコンD700とF1.4レンズ)による、「本物」の光学的なボケ方。

「本物」の方が、被写体から背景にかけて、なだらかでしょう?


関連記事
・「iPhone X、買ったよ!猫との相性は果たして…?
・「iPhone Xで猫を撮る (1) ポートレートモードのコツ
・「iPhone Xで猫を撮る (2) 歴代機種比較


建国記念日の意味、知ってる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



今日が建国記念日なのは、バチカン市国がそう。

1929年2月11日に、ラテラノ条約が締結されて。

イタリアから政治的に独立した区域としてのバチカン市国が認められました。



ローマとバチカンには2010年の春、ちょうど復活祭の時期に行きました。

この旅行に持って行ったのは、3GSとリコーのGR Digital 3。

3GSはメモ用程度で、当然のようにほとんどGRでとってました。