ふと思いました。

 

 

 

赤ちゃん

みんなから助けてもらわないと生きていけなくて

 

みんなから助けてもらって

 

感謝はしているかはわからないけれど

 

自分のできること(おっぱい飲んだり、排泄したり、寝たり、泣いたり、成長したり)

 

を精一杯して生きている。

 

一挙一投足でみんなを幸せな気分にする。
 

 

 

立派な社長さん

 

社員一人ひとりや、お客さんやら、取引先やら色々助けてもらわないと経営が回らなくて

 

みんなから助けてもらって

 

自分が他人の助力あって社長をやれていることを知っていて

 

みんなに感謝をしていて

 

自分のできることを精一杯している。

 

 

 

悩める人

 

なんでも自分でやろうとして

 

助けてって、人に頼めなくて

なんであの人は

私を助けてくれないんだって言ったり

他人の分までやっちゃったりして、
なんで、あの人の分までやるのか?しかも感謝してもらえない
といってイライラしてみたり

 

当然自分のやった分に感謝してもらえないのと、

他人の分までやってるんだから!という気持ちが奥底にあって感謝なんてできないし

言えても、心のどこかでわだかまりがあるし。

 

むしろ感謝するようなことを他人がしてくれたら、自分の居場所がなくなるくらいの

恐怖があるから、感謝どころか、「なんで居場所を取ったんだ!」と罵りたくなる気分だったり

 

自分のことを後回しにして、他人のことを精一杯やっている

 

 

 

なんなんだろう。この違い。

 

悩める人はいつから、こんなことになったのだろう。

 

悩める人も最初は赤ちゃんだったのに。

 

 

あなたから見えた違いはなんですか?

何がそんなに違うと思いますか?

 

 

 

AD