4月23日は、サン・ジョルディの日です。

 

サン・ジョルディをご存知?

 

伝説によって、西暦4世紀に東ヨーロッパにいた男性です。

ある町には、ドラゴン(竜)がいました。。。毎日、ドラゴンは、町の羊1匹を食べていました。

しかし、ある日、羊はもういなかったです。。。

 

その日から、ドラゴンは、毎日、町の子供一人を食べました。

ある日、ドラゴンの前で現れた若い人は、お姫様でした。。。

ドラゴンは、美人のお姫様を食べようとしていた時に、白い馬に乗ったサン・ジョルディが、長い槍で、ドラゴンを殺しました!

お姫様は、食べられませんでした。。。

 

サン・ジョルディの槍が当たった場所(ドラゴンの首)から血が流れて、血が落ちた場所から赤いバラが咲きました!

 

サン・ジョルディは、その赤いバラをお姫様にプレゼントしました。。。

その後、サン・ジョルディは、英雄になりました。

 

 

現在、サン・ジョルディは、多くの町や国の守護聖人になっています:カタルーニャの守護聖人ですよ!

 

その為、毎年、4月23日は、カタルーニャでは、多くのイベントが開催されます。

カタルーニャ人は、赤いバラと本を買って、恋人にプレゼントします。

 

今年も、バルセロナ、タラゴナ、ジローナ、レイダ等では、多くのカタルーニャ人は、町をぶらぶら歩いて、赤いバラと本を買いました。

 

私は、バルセロナ旧市街と新市街に行って、ビデオを撮影しました。街の雰囲気がよく分かるビデオですよ!

 

 

ところで、「サン・ジョルディの日」が、ユネスコ世界無形文化遺産になるように、これから、カタルーニャ政府が手続きします。

 

 

AD