48歳からスケートボードをはじめて1年以上が経ちました。
そしてようやく自分の目標としていた場所で滑ることができました。
そこで滑るまでに多くの準備をしてきました。といってもようやくスタート時点にたてたにすぎません。
そのことについて書こうと思います。
またこれは今までスケートボードをやったことがなくてもできるようになる方法にもつながります。
多くの50歳くらいではじめる方は若い時にやっていたが、仕事、家族のことでスケートが続けられなくなってしまった。
とか、スノーボード、サーフィンはやっているが今度はスケートボードをしてみようと思う等、すでに何かをやられている方がはじめる場合が多いです。
私は実際、48歳になるまでスケートボードはもちろん、スノーボードや他の横乗りスポーツをしたことがありませんでした。そんな私でも1年以上も続けていられて最近ではスケートボードすることが楽しくなってきました。
私の周りには「やってみたいけどどうやっていいのかわからない。」「自分なんてもうスケートボードする年じゃない」「怪我がこわいからやってみたくでもできない」「自分がスケートボードできる気がしない」という方がたくさんいます。私もこの中の一人でした。「自分なんてできるわけない!!」って。そんな私でも続けられる。それには方法があります。その方法をみなさまにもお教えしようと思います。
 
次の11のことについて時間があるときに書いてみようと思いますのでご興味ある方はぜひ引き続きブログチェックをしてみてください。実際に私がやってきたことなので自信をもってお伝えできます。
 
1)やってみてから決める。まずは週に1回一ヶ月。
2)嫌ならやらない。
3)自分の気にいった道具を買う。
4)とてつもなく大きな夢を持つ。
5)その目標に向かって小さな夢を持つ。
6)リストを作る。
7)人とくらべない。
8)過去の自分とくらべない。
9)人の教えに従う。
10)ブログ、SNSを発信する。
11)イベントに参加する。