春休みのスケボー留学も無事終わり、次の夏休みの募集を行います。

すでにお問い合わせをいただいております。

お問い合わせの前に過去のスケボー留学の記事をお読みいただくことをおすすめします。

テーマからスケボー留学を選ぶと今までの全ての記事がお読みいただけます。

申し込み前にご質問等ありましたらいつでもメールにてご連絡ください。

誰がくるのかしら?今から楽しみです!

 

 

<ロサンゼルスdeスケートボード留学> by Lask8mom

 

スケートボードの本場ロサンゼルスで本物のスケートママ(杉本 瑛生の母Kyoko)と一緒にスケートボード留学しませんか?

大人気のこちらの企画、2019年は誰がくるのかな?

毎年予約がいっぱいになってしまって申し訳ありませんが今年も車1台分(6名)のみの受付です。

 

2016年からはじまりましたこの企画、2019年で4年目に突入です!

年々参加希望者が急増。今回は募集期間を区切ってみました。参加希望者が多い場合は抽選とさせていただきます。先着順ではありません。

 

2019年夏休み募集開始します。申込先→lask8mom@gmail.com

時間はそれぞれLA時間とさせていただきます。

 

【夏休み】

留学期間は7月上旬から8月下旬まで。

募集期間は4月20日から6月20日まで。5月25日までに変更しました。(12/5)

 

最低10日間から受け付けます。

人数が多数の場合、募集期間最終日に抽選させていただき翌日(夏は5/26、それぞれLA時間)に結果を発表させていただきます。

 

お一人でもお友達と一緒でも親子参加でもOKです。

アメリカの空港に到着した瞬間からスケートボード三昧の毎日がまっています。

 

*参加資格

自分のことが自分でできれば参加可能です。着替えはもちろん、荷物の整理、スケートボードの組み立て、時間の管理(朝自主的に起きる等)ができる方、共同生活になりますので周りの子供達と思いやりをもって接することができる方、なら年齢問わず受け付けます。

 

 

*費用

   基本料は1日$150(リピーター割引$130)です。

   基本料には

   宿、朝食夕食(手作り和食が中心)、車代 、通訳、が含まれます。

   含まれないものとしては

   昼食代、ガソリン代(行く場所がそれぞれにより違うため料金に含め

   ることができません。皆で割り勘し毎日清算します。)

   往復の航空券代等。

 

 

 

 

 

〜〜〜1日$150の内容〜〜〜

費用の欄にも表示してありますがもう少し具体的に説明していきます。

 

*食事

朝、晩の食事。ほとんどが手作りです。朝はご飯にソーセージ、卵等。夜はご飯を炊いてお味噌汁を作り、おかずを2品等な感じです。時には焼きそばだったりナポリタンだったりお母さんが家で作る味ですね。

ここはアメリカです。ご飯と味噌汁だけでも貴重!もしアメリカで日本食を食べるとしたら、うどんで$15(1500円)生姜焼き定食で$18(1800円)ラーメン$13(1300円)等、日本では考えられないほど高額です。おまけに日本のような味ではありません。

 

*宿

以前は日本人のお宅に滞在していましたがカーテン仕切りで鍵がなく、しかもその同じ部屋には他のお客様もいて防犯的にも良いとは言えなかったので変更しました。また子供達が賑やかすぎて他のお客様のご迷惑にもなることもあったので現在はアメリカ人のお宅にスペースをお借りしています。独立した一部屋になっており扉もありもちろん鍵もついていますので防犯的にも問題ありません。

このような部屋を現在LAでさがすとなると最低1日1部屋$6、70はします。ちなみにこちらのお宅の近所にホテルがありますが2名が泊まれる部屋で1部屋$130です。

 

*車

オデッセイが1台、シビックが1台。人数により使い分けています。両方保険に入っています。このクラスの車をレンタカーするとしたら1日安い場所で$50他に保険料を支払いますのでやはり最低1日$7、80はするのではないでしょうか?

そしてレンタカーをしないで車1台をロサンゼルスで半日貸切した場合一人$100の料金でサンタモニカ等への半日観光をしているようです。車1台の料金ではなく乗車人数で計算するようです。

 

*スケートパーク巡り

自身の息子(杉本 瑛生)が10歳から15歳までアメリカでスケートボードの大会そして練習を行っていたため、どこにどんなスケートパークがあるのかロサンゼルス、サンディエゴそしてフロリダのそのほとんどを熟知しています。その5年間の知識の蓄積とそしてまた今なお新しいスケートパークが建設されているアメリカで私自身がスケートボードのイベントに参加して新しい情報を仕入れ続けています。ですから毎日ただ近所にあるスケートパークに連れて行くというのとは違うと考えていただいてよろしいでしょう。どこにどんなスタイルのスケートパーク、セクションがあるのか熟知しています。スケートパーク巡りのプロです。

 

*パークでの撮影

1日中スケートパークへ付き添いその間は写真を撮ったりビデオを撮ったりしています。そこは本物のスケートママですからスケートを見ていて飽きることなどありません。むしろもう少しでメイクするとわかったらこちらから写真、動画を撮りたくなります。この辺りは本物のスケートママでないとわからないことではないでしょうか? プロのカメラマンではありませんが一度しかないその瞬間の映像をアメリカのスケートパークで残せるのは何物にも代えがたいものだと思います。ブログに掲載されていないオフショットも多数あります。写真、動画は同期間こちらにいらしている方とFacebookでグループを作りそのグループ内だけでご覧いただけるように設定しています。

 

*通訳

買い物、スケートパークでのやり取り、大会等で遠征した時のやり取り、こちら全て通訳としてそばで会話をさせていただきます。通訳も通常依頼するとなると1時間あたり$100以上は支払う必要があります。

 

*報告

毎日の報告をブログにてさせていただいておりますが、こちらはお子さんのお世話が全て終わり自宅に帰りその後やらせていただいております。多数撮影した写真からその日の出来事にあったものを選び、日々の細かいことを報告させていただいております。お子さんがこちらに来てしまうとお子さんから自宅に連絡することがなくなるということをよく聞きますが、このブログで日々の子供達の様子がとてもわかるとご好評いただいています。

 

*曜日は無関係です

朝9時から時には夜8、9時にまで及ぶ長時間を一緒に過ごします。昼間は毎日2、3ヶ所のスケートパーク巡り、夕方暗くなってからは夕飯をともにするという生活パターンです。希望によっては私の主人がアメリカ人ですので食事後の英会話教室もおこなっています。またお子様が滞在中は曜日関係なく動いているので お子様がアメリカに滞在中、私の休日はありません。

 

以上の全ての内容を1人1日$150にて承っております。

 

これらの具体的な内容は私のブログ

http://ameblo.jp/caskatepark/

からご覧いただくことができます。

 

子供達がアメリカにくるとスケートボードをしにアメリカにきた意味があった!!というほんとに色々と良いことがおこりますね。

子供達がこのドラマの主人公です。

子供達自身で物語を作っていっています。

 

2019年はどんな物語になるのか今から私もワクワクしています。

 

ご質問、申し込み等

lask8mom@gmail.com

まで。