ダイスケ、なんども言っちゃうけどTampa Pro3位おめでとう!
まあ、この大会に出ることもそうだけど予選から準決勝そして決勝からの表彰台。
この工程だけもすごいことなのに。
そしてアオリもタンパプロ出場おめでとう。出場するだけでもすごいことよ。
 
この大会に出るまでダイスケは一体何回Damn Amにチャレンジしたことだろうか。
ここ2年くらいはLAだけでなくNYCやシカゴのDamn Amにも積極的に挑戦していてその行動力はすごいと思ったよ。
そして去年のTampa Amでチャンピオンになってからの今回の挑戦。
何年もいろいろな会場のDamn Amにチャレンジしていたのが実を結んだ形になったかな?
思うんですが日本でも今年もDamn Amは開催されます。そこで12位までに入ればもちろんタンパアマには出場する権利をもらえます。しかしそれで終わりでいいのかしら??って。
タンパアマの出場資格がほしいから挑戦しているスケーターもいると思います。だけどその上を目指すのならやはりダイスケのように全米の大会に顔をだして自分の実力みせつけて認めてもらってっていうプロセスがとても大事だと思います。
日本でDamn Amやるようになってもちろんチャンスはふえましたけどその次にどんどん行かないと、世界を目指すなら。
世界を目指したいと思っているスケーターが日本だけで滑っているのはどうなのかしら?
アメリカにくる子供達に聞くとだいだい
「将来はアメリカで有名なスケーターになりたいです。」とか
「世界に通用するスケーターになりたいです」という答えが返ってきます。
本場アメリカをもっともっと見てください。
見続けた先には何かがあるんですよ、ダイスケやアオリのように。
XgamesやSLSも見えてくるんですよね。
コツコツコツコツ自分の力でもぎ取ってください。全てのスケーターに平等にチャンスはありますからね。
やり続けたら先が見えるってことでダイスケをお手本を示してくれました。
先ほど今年のDamn Amの日程をこちらでも発表しましたが、日本だけでなくぜひアメリカでチャレンジしてそしてお友達をたくさん増やしてください。スケートうまけりゃ言葉できなくたって自然と友達になれますから。そんな彼らが最終的にあなたのことを応援してくれるんです。
 
さー次は誰の番かな??