上海、今日もいいお天気です。
我が家は、上海居残り組。
この時期、唯一と言っていいほど上海はいいお天気の日が多いですね〜。
が、過去の自分のブログがアメブロさんから送られて来るので見てみると、
雨の日もありましたあせる まあ、そりゃあそうですよね。
お天気と相談しながら、1日ぐらいゴルフに行こうと思っております。
ゴルフ場、ガラガラらしいですびっくり 街中もガラガラですびっくり
 
日本の家族は台風による大きな被害はないと連絡あり、一安心ですが、
被害のあった方々は今も大変なご苦労をされていることでしょう。
我が家もブログにちょこちょこ書いたことがありますが、10年以上前に
ハワイから上海に戻る途中。成田で台風にバッチリ当たりまして、
大変な目にあったことがあります。本当に大変でした。
それもあって、今回の駐在では、毎年のように上海居残り組となっております。
(まあ、西方面に出かければあまり影響はないのでしょうが口笛
 
が、国慶節あけに日本に行く予定ありなので、次の台風が気になって気になってショボーン
上海に戻って来られる方々も台風と重ならないといいですね。
 
さて、国慶節前には、ちょこちょこ人と会える機会がありました。
この日はタイミングよく9月30日にオープンした、ブルガリホテルの中華レストランへ。
オープン当日に行くという気合の入れ方照れではなく、国慶節に入ってしまうと、
人が多くなるのと、流石に夫を置いて女友達とフラフラ出かけられませんからニヤリ
お休みに入る前日にちょうどオープン日と重なったという幸運ラブラブ
 
ブルガリホテル上海は、47階建て(かな?)の高層階がホテルで、その下には、
オフィスが入っています。
中華レストランは、ホテルの車寄せの反対側の低層の建物内にできました。
ホテルが6月オープンした際に、中華レストランも9月頃できますよ☆と
お聞きしており、楽しみにしていました。
 
 
 
レストランは、3階にあります。
エレベーターを降りるとウェイティングバーがあります。
 
 
お店は、こじんまりとした空間でした。
お席は比較的ゆったりと配置してあるかな。
 
 
予約の際に、窓際をリクエストしていたので、2人なのに、めちゃくちゃ大きいテーブルで爆  笑
 
 
オープン日のプレゼント!とスパークリングワインを振舞っていただきましたラブラブ
 
 
冷菜は、キクラゲ。
2人だと、かなりのボリューム。
お皿のせいだけではなく、普通のレストランよりポーション大きめだと思います。
でも、美味しいからペロリと完食しちゃいました。
 
 
水晶海老ラブラブ 大好物ラブラブ
お肉の入っていないお料理を友人が選んでくれました。
普通の点心のチョイスではないので、あまり参考にならないかも。
 
メニューは、まだ少なめでした。少しずつ増やして行くそうです。
英語のメニューはなく、中国語のみ。しかもいい感じの名前をつけているので、
内容がよくわからない。。。口頭で聞くしかないです。。。
でもみんな優しく説明してくださいます。
 
 
大きな海老さんがゴロゴロ〜ラブ シンプルで美味しいラブ
 
 
お茶器も可愛い。 
食器は、フランス製で、お皿に描かれている金色の線は、蘇州河を表現しているそうです。
実は綺麗とは言い難い蘇州河ですが。。。綺麗にお皿に描いてもらえてよかったね〜。
 
 
アボカド入りの生地。ちょっともちもち。胡麻団子のように中は空洞部分が
大きく、ピーナツを砕いたものが具として入っていました。
お菓子のようなつまみのような。。。私は好きな味です。
少食の方は、お腹いっぱいになっちゃうかも。
 
 
海老入り腸粉。
最近流行りの食感のいいパリパリ入りです。
こちらのは、春巻きの皮っぽかった。湯葉が入っているお店もありますね。
どちらかというと、海老春巻きを腸粉で包んだという感じです。
チンゲン菜が可愛すぎますラブ
 
 
蟹と貝柱のチャーハン。
上品で薄味。シンプルで美味しい〜ラブラブ
でも、かなりのボリュームニヤリ 食べられない分は、全てお持ち帰りしました!!
xo醬もお手製で何度もおかわりいただいちゃいました!
散々xo醬いただいた後にも、「チャーハンに乗せると美味しいですよ!」とまた
持ってきてくれました。嬉しい〜ニコニコ 塩気がちょっぴり強めでした。
 
売ってるの?と聞くと、売っていないと。。。
でも、その内に買えるようになるような気がしますラブ
 
 
食後に中国茶の表演で特別なお茶を入れてくださいました。
こちらは、無料のサービスでした。
オープン当日だからか、今後もあるのかは不明です。。。
 
 
白牡丹の餅。10年ものだそうです。
 
 
白茶ね。 牡丹王だって。
 
 
 
茶葉が柔らかめなので、ピンセットで簡単にほぐれていました。
 
 
とーっても優雅な食後のお茶。
得意の「最後まで居座る客」となっていたので、静かでね。
 
 
杯子。かなり大きめ。
これぐらいの大きさだと、たくさんいただけるので食後やお菓子といただくには
良さげです。
 
 
昔の建物を残しつつ、リノベーションを素敵にしていますね。
 

シェフは、リッツカールトンマカオ(ミシュラン星付き)からいらしたそうです。
広東料理なので、間違いないですねグッ
スタッフの中にも、リッツカールトンマカオから転勤になった香港人の可愛い
女の子もいました。
なるほど納得。だからサービスもいいし、英語もペラペラなのね。
もちろん、大陸出身の人も多いので、全員が英語ペラペラではありません。
 
初日なので、みんな張り切っていました。
今後もこの調子で頑張っていただきたいなと思います。
 
まだまだ続く。。。