地元の小学校の1年生のお母さん方に
お話をする機会をいただきました。

伝えたいことがたくさんあって、
浅く広い話になってしまいました。
来てくださった方、
すみませんでした。

一番お伝えしたかった事は、
子どもの自立は、
お母さん自身の自立でもあります。

子どもの手が離れたら、
もう一度社会に出て、
輝きたいと思いませんか?

その準備は今からです。
自立に欠かせないのが、
素直さと好奇心、基礎学力です。

子供たちが夢を持つには、
好奇心が大切です。

好奇心に対して、
自分から積極的に取り組み、
問題解決をしようと工夫するには、
やはり、基礎学力が必要です。

回りからの助けが受けられるには、
素直さや思いやりの心が大切です。
普段の生活の中で
困っている人を助ける事が、
普通に、当たり前に出来るかです。

お母さん自身はそれができてますか?

学力調査の結果、
読書量の多い子は学力が高い。
スマホや携帯の利用時間が
短いほど高得点。
当たり前ですよね。

本を読ませれば勉強好きになるか?
そんなことはありません。

保護者が本を読んでますか?
ニュース見てますか?
SNS に振り回されていませんか?

まずは親の考えと、
子供への接し方です。

将来を心配するなら、
塾やならい事をするよりも、
子供に向き合ってください。
子供たちが思春期を迎えたときに、
相談相手として、
選ばれる親でいてください。

まずは、これまで。