タッチフォーヘルス。
やればやるほど筋反射テストを取る機会が減っていくと感じてはいたけど
禅カウンセリングを学んでからはいよいよ筋反射の出番が無くなってきた。

そもそもイエスノークエスチョンをしないタッチフォーヘルス。
筋反射を取るとしたら
・ストレスかどうかを確かめる
・目標として相応しいかどうか
それだけ。

問題がはっきりとして
目標がはっきりとしたら
もはや筋反射の出番はない。

そんなこんなで
相談は受けるものの
対面でもほぼ筋反射は取らず
(14筋調整はするけどね)
なんならラインやメッセンジャーを使って
『あとは14筋体操で』で終わる。

タッチフォーヘルスに技術はいらない。

聞いて
オーム返しして
たまに質問するだけ。

クライアントさんが
自分自身に向き合う事ができたら
問題が問題でなくなる。

削ぎ落とそう。
削ぎ落とそう。
よりシンプルに。
{084BF745-97E1-4AA7-9CB2-C8DAD85F0D63}

{C5F55489-8B49-4512-B676-CD08432C4F60}

{D2699E31-3E0A-4FF4-9050-D34D64F4DBA9}

{9B7592CB-DE6A-4176-9267-4CF4D866D297}