ヴァーンフリート 11月からペースアップ (ロスヴァイセの19) | キャロヤージの”馬視耽々”一口馬主日記

キャロヤージの”馬視耽々”一口馬主日記

所帯持ちかつ住宅ローン持ち、
可処分所得少かつ小遣い制のキャロヤージが、
それでも一口馬主(キャロット&ノルマンディー)で、
悪あがきする日記です。
目指すはポジーの回収率1727%!(笑)

キャロット2歳一頭入魂ヴァーンフリート。骨膜造成から10月はペースを上げず慎重に乗られています。

 

「まだ緩さが目立ちますし、しっかりとした時計を出す調教を課すのは来月あたりからかなと考えています」と担当者。なんとか12月の出走を目指してペースアップについていって欲しいです。葉牡丹賞→ホープフルSなんて最高ですが…^^;

 

さすがに父リオンディーズ同様、2戦目でG1出走というのはないでしょう。札幌2歳Sの出走が叶わなかっただけに、目標設定がどこになるか楽しみにしています。

 

楽しみといえば、10/23(土)東京9R アイビーステークス の特別登録メンバー。

グランシエロさん!

てっきり百日草特別だと思っていました。

 

このメンバー何が面白いって、新馬戦は2・3着で次走きっちり勝ち上がった馬たちが登録しているんですよね。いわば、新馬戦勝ち馬の代理戦争です。

 

グランシエロ (1着馬ヴァーンフリート)

ルージュラテール (1着馬ダノンスコーピオン)

アスクビクターモア (1着馬ジオグリフ)

ブラックボイス (1着馬アルナシーム)

 

前目につけるであろうアスクビクターモアにグランシエロの末脚が届くかどうか…(真っ直ぐ走れるかどうか…^^;)。現時点のデータだけだと、この馬連1点やね。各馬がどんなパフォーマンスを見せるか、注目しています。

 

21/10/19  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「まだ緩さが目立ちますし、しっかりとした時計を出す調教を課すのは来月あたりからかなと考えていますが、ここまでは変わらずに動かせていますし、悪くない状況と言えます。今朝は予定より少し速くなって3ハロン41~42秒くらいの時計になったので、反動の有無をしっかり確認しておきます」(天栄担当者)

 

(キャロットクラブの許可を得て転載しています)