夢はターフを駆け巡るfrom2012

愛馬の情報がメインですが、一口馬主、競馬に関する様々な情報を載せています
所属クラブはキャロット、シルク、GⅠ、東サラ、ノルマンディーです。

NEW !
テーマ:

奇しくも同じ週にスーパー未勝利を走った2頭ですが

共に結果が出ず引退となりました…

 

当然活躍を期待して出資をしたのですが、

当時の僕が甘かったといえる位

この2頭には大きな共通点があります

 

それは馬をほとんど見ていない

 

ということです

 

ソルエユニークは測尺を調べている時に

ディープインパクト牝馬ならいけるのではという結論に達し

そして出資したい気持ちのまま牧場見学し

3歳春時点で

400kg程度の馬体でもディープインパクト牝馬ならと

追加出資してみました

正直当時の僕はもう出資したい欲と競走馬というものを舐めていましたと今なら思いますが、

 

とはいえこういう馬だって可能性はある馬もいると思います。

ソルエユニークの誤算は

骨が弱くて調教がつめないこと

体質が弱すぎたということでしょう

でもこれから調教をつめるようになれば…という気持ちになれないのはやはり中央の壁は厚いから

地方で頑張ってほしいな…

 

個人的にはこういうチャレンジはいつかする性格だったので

別に後悔はないですが

競走馬は甘くないことを身をもって教えてくれました。

血統や希望的観測ではなくしっかり馬を見る大事さを教えてくれましたのでソルエユニークにも感謝です。

 

ルーファスは

GⅠに入ろうと思っていたところに値段が手頃で

GⅠのゴールドアリュール産駒は成績がいいということで選んだ馬

 

買うまで馬体はほぼ何も見ていませんし、当時から良い馬だと思って出資していません。

血統とGⅠに入りたい欲の前に出資は止まりませんでした。

最悪のパターンですが、こういう馬だって走る可能性はあるのが一口馬主だと思いますし、

個人的にはまあ出費は痛いですが仕方ないと割り切っています。

 

このように僕は一口馬主で今年の3歳世代はたくさんのチャレンジをしてきましたが結果は成功しませんでした(笑)

 

次回はその僕が今年の3歳世代でした失敗の数々を書きたいと思います

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

狙い目は中山8Rでした


 

1着▲9スプリングフット

2着△11アポロナイスジャブ

3着△12セガールノチンモク

 

不的中

-8500円

 

(回顧)

僕の切り口は間違っていなかったが

誤算は雨で時計が速くなってしまった事。

12.5 - 11.7 - 13.0 - 13.0 - 12.3 - 12.1 - 12.5 - 12.7 - 12.7

のラップは正直想定外でした

この時点で予想は失敗

こういう馬場で僕の本命はスピード不足を露呈していました

しかしそれも馬場の読み違いだから仕方ないです…

スプリングフットは完勝で力が上だった内容で正直このメンバーではこういう馬を無難に軸にしてヒモで穴狙いが正解ということを改めて感じるレースでした。

今週は読み違えました。すいません…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


 

1着○8レイデオロ

2着◎5キセキ

3着△2サトノアーサー

 

3連複 8.9倍×500円=4450円

 

-1050円

 

(回顧)

馬券は当たりましたし、予想としても狙い通りなんだろうけど3着が一番つかない馬がきちゃったのも事実で特にうれしくもなんともない結果でした。

 

この神戸新聞杯は僕の見ている限りでは騎手の様々な思惑を感じるレースでした

キセキは菊花賞というレースを考えると今までのような大外ぶんまわしだけでは競馬にならない可能性もある。

ここで内をついて馬群を割る競馬でどれくらい通用するのかみたいという感じ。

毎日杯などで内をつく競馬でも競馬をできることはわかっているが、成長した今どれくらいの切れる脚を使えるのかというのをはかったように見えました

そう考えるとこれだけロスがあっての2着だから成功に見えますが、結論からいえばおそらく失敗

これだけ脚がたまっていても一瞬のキレで勝負できる馬ではなく、長く良い脚を使うタイプだということがわかったレースでもあったでしょう

そう考えると、最悪の場合は内をつけるが基本は外から早めに動く方が良いという結論になる方が自然のレース内容なので菊花賞は普通に外で流れに乗れば勝負になると考えて乗ってきそう。そしてそれで勝てる馬だと思います

今日一番強かったのはこの馬だったと思いますが

大幅馬体減だけは大誤算ですね…

 

サトノアーサーはダービーで失った自信を取り戻すレース。

レイデオロと現状でどれくらいの力差なのかをはかるレースで

レイデオロの後ろについて末脚勝負でどれくらいのレースができるのかだけをみたレース。

結果からいえば完敗。まだまだ力不足というのがわかったレースだが、レイデオロがいないのなら充分チャンスがあるというのもわかったので菊花賞でも狙えなくはない。信用はできないが

 

レイデオロは今日は勝つべくして勝ったレース。全てがおあつらえ向きだった。次走はJCということで個人的には本当に強いとは思えない(昔ディープスカイもそんな感じだったな…)まま古馬戦を向かえてしまった馬で取捨が難しい馬。ただ4歳のどのレベルが出てくるかわかりませんがサトノダイヤモンド、キタサンブラックと勝負になる馬というイメージは個人的には持てていない。クラブ馬だし良い意味で裏切ってほしいな…と思っていますが、馬券的にはあがなう事になりそうです…

 

正直4着以降はショックな内容

カデナもベストアプローチもここまでふがいないとは夢にも思わなかった…。菊花賞云々という内容ではない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。