きっかけ


中学に上がるか上がらないか
そのぐらいの頃

初めて、親父にショートコースに
連れて行ってもらった。


もう30年近い昔の話で

どんなだったかなんて
全く思い出せないけれども

一つだけ・・・

ドライバーを振って
ティが後ろに飛んで刺さって

それを見た親父が

それは上手く打った証拠やで
お前は上手くなるかもな~

と言ったのだけは
はっきりと覚えている。


あの最初の言葉が嬉しくって
本当に上手くなれるって信じちゃって

それでもっと・・・褒められたくって

いつしかゴルフが好きになった。




きっかけなんてそんなもんだ。



理屈に合ってるかどうかも分からない
そんな、あの最初の言葉だけで

もう30年近くも経ってしまった。


必死に思い出そうとしても

やっぱり、あの言葉以外に
親父にゴルフで褒められた記憶が無い。

今はとっくのとうに、勝手に
ゴルフが出来なくなった親父なので

これからももう褒められることは無い。


仕方がないので
今の通り、ゴルフを楽しむだけだ。


こうやってちゃんと思い出さなきゃ
思い出せないほどの小さなきっかけで

それが流れに流れて

今は、そんなもん関係ないほど
ゴルフに夢中なので、不自由も無いさ。

ゴルフ馬鹿の仲間もたくさんいて
な~んにも困らないよ。



それでも改めて思い返すと
やっぱりちょっぴり残念なんだけど


あの小さなきっかけだけは




・・・俺だけの宝物。




頑張れ、俺!!!
ヾ(。`Д´。)ノ



GOLF LOVE !!



にほんブログ村 ゴルフブログへ 人気ブログランキングへ
AD