まだ誕生日までは日があるのですが、アイちゃんに誕生日プレゼント何がいいか聞いたところ、なんと「自転車がいい!」とのご返事が。


近所に住む1つ上の男の子が最近自転車デビューしまして、時々家の前で練習してるのを見ていたアイちゃん。
おそらくそれに感化されたんでしょう。

色々お店に行って、またがらせてもらいました。
アイちゃんはまたがるたびに「これ買って!」と言っていましたが、我慢させ、とにかくお店をたくさんまわりました。

しーも、アンパンマンの自転車に乗らせてもらい、撤収するときに珍しく号泣。しーがこういうぐずりをするのは珍しいことです。

これは買えないんだよ。
しかもアイちゃんの自転車みにきてるんだから、しーのじゃないんだよ。
と何度も言って聞かせたのですが、床に寝そべって拒否。最後はパパに抱っこされて撤収となりました。

その後、また別の日に違う自転車屋さんに行ったら、しーが

「アイちゃんの しゃ、ぃらーい」
(アイちゃんの自転車嫌ーい)

「ぶ、ぶー て ぁいてある」
(ダメって書いてある)

とか言ってました!笑える~
ダメなんてどこにも書いてないんですがね。

自分には関係ないことだし、見ても買ってもらえないってのがわかったんでしょうね。

それ以来しーはまたがるものの欲しいと駄々をこねることはなくなりました。


で、そんなこんなで結局買ったのはノンブランドの14インチ。最初16インチのルイガノとかどうかな~なんて思っていたんですが、やはり足がつくこと、アイちゃんの体重にあった重さであること、サドルとハンドルの距離、ハンドルの幅など、を重視しました。
16インチだとやっぱりまだ大きいし、ペダルを漕いでも自力で力を入れて漕げるような感じがしなかったのです。

次の店で乗った14インチは、結構力を入れて漕げるような感じでした。

さっそく昨日、早く帰ってきたパパと一緒に公園に行って練習!
出発する前に補助輪をとったらやる気をなくすアイちゃん。「アイちゃんコレ(補助輪)好きなのにな…」と言ってましたが、とにかく補助輪なんて乗ってたらせっかくストライダーで二輪のバランス感覚に慣れているのが無駄になってしまうので、なんとか言って納得させました。


最初はさすがに怖いみたいで、すぐにやる気をなくしたりしていましたが、そのうちなんとなく慣れてきたようで、初日に乗れるように。パパに支えてもらって、少し走ってそのまま手を離したら、そのまま漕いでました!

スピードになれること、ハンドルをフラフラさせないこと、前を見ること(すぐに足元を見ちゃうので)。

車体がフラフラするのはスピードが足りないからで、ある程度スピードに慣れたら車体の安定に気がつくはず。
あとは路面が走りやすいところかどうか。
最初パパは芝生の上で練習させてたけど、芝生の上はデコボコして走りにくかった模様。危ないけど、レンガやコンクリの上ならちゃんと乗れるようになりました。

最後公園で遊んでいたらそのうち鬼ごっこになり、気がついたら子供がどんどん参加してきて、最後は結構な人数になってましたw。


今日も三人で公園に行って練習。
走り出しがまだできないのですが、スピードやカーブなどの操作には慣れてきた模様。
噴水広場の外周を一周できるようになりました。

今日は私がしーを抱っこして一緒に走りました。
大人もいい運動です。
すこし前を一緒に走ってやると、安心するのか結構乗れていました。



そのあとは水着を着て噴水で水浴び。
そしてアスレチックと、たっぷり遊んできました!



ヘトヘト…




iPhoneからの投稿
AD