ぽっぽ

テーマ:
普段行かないスーパーの二階がホームセンターになっていることに気付いて、試しに上の階にいこうとしたら、三階に「室内遊園地」と書かれており、ホームセンターのペットコーナーでさんざん遊んでから、三階の室内遊園地に行ってみました。



私としては、キッズスペースみたいなものかな?と思っていたのですが、予想に反して、単なるゲーセンでした。


さら~っと見て、そのまま通りすぎ、反対側にあったエスカレーターで降りようと思ったら、そのエスカレーターの前に、トーマスの乗り物が…。

そのまま知らないふりでエスカレーターを降りたら、アイちゃんが気がつき、すごい勢いで
「ぽっぽ!ぽっぽ!」
と言い出した。


まあ、予想通りだなーと思い、アイちゃんに「上の遊園地で遊ぼうね」と言ってペットコーナーから無理やり連れてきたというのもあって、そのままUターン。


そのトーマスの乗り物は、小さな円周の線路の上を三周する、というもの。

幼児一名と大人一名が乗れるサイズ。


さっそくうれしそうに乗り込み、「一緒、一緒」と誘うのでした。


値段は200円。
いつもなら、ただ乗るだけでお金は入れないのですが、そういう乗り物系にまだ乗せたことがなかったので、どんな反応を見せてくれるのか興味がわいてしまい、ついつい200円を投入。

すると、音楽が鳴り始まると同時に、紙のカードが出てきました。
それをアイちゃんに手渡し、スタートボタンを押すと、トーマスが出発!



手元にはレバーハンドルと、汽笛を鳴らすスイッチが。
レバーハンドルは左右にひねると、トーマスがおしゃべりをします。



発進したトーマスにビックリしている様子のアイちゃん。

え…?
一体全体、どういうこと?

という表情。


ビックリしながらもちょっとうれしい、みたいな顔。


あっという間に3周が終了。


止まったので「はいおしまい~」と言って私が降りても、アイちゃんは降りようとせず。


ここで無理やり引きずり降ろしてもあとが大変だな、と思ったので、「おしまいよ~、もうバイバイだよ」と声をかけながら、アイちゃんの気が済むまで待ちました。


アイちゃんも、降りたり乗ったりして、
いろいろボタンを押したり、さっき出てきたカードを隙間に入れようと試行錯誤。
なんとか動かしたいらしい。

そのうち、お金の投入口に気がついたらしく、手招きされましたが、無視。


とにかく私が一緒じゃないと動かないと思ったらしく何度も手招きされましたが、静かに首を振るのみ。


あきらめて降りるのですが、なかなか離れられず。


一定時間の間隔で、自動的に音楽がなるらしく、音楽がなりだすと大慌てでトーマスに乗るアイちゃん。


でも出発はしない…。


しばらくそんなことを繰り返していたら、諦めたようで、しょんぼり私の方へきました。



それにしても、いろいろ試行錯誤して動かそうとしている姿にはちょっぴり感心しました。



また、好奇心で気やすく行動してしまったことに反省。
AD