パズル

テーマ:

アイちゃんが難しいパズルを作ってくれました。



私の財布から引っ張り出した一万円を見事にビリビリにしてくださったのです。



私はそのときキッチンで仕事をしていたのですが、

どうも静かだな~~と思っていたら、

そんなことをしてくれていたのですね。



確か全体の2/3あれば銀行できれいな紙幣に交換してくれるので、

さっそくバラバラのまま持って行ったんですよね。


バラバラのままカウンターで行員さんに見せたのです。

行員さんは、訝しい顔をして、おごそかにパーツを組み合わせ始めたのです。


どうも、左上と右下にある数字の列が重要のようです。


銀行に行ったとき、全部のピースがそろってなくて、

でも私は「2/3あれば交換してくれる」と思っていたので、

そこまで必死にパーツを集めてなかったわけです。


そしたら、右下のえらい細かくちぎってくださった、ちょうど数字の列のあたりのパーツが欠けていたようで。。。


数字が全部そろっていないと、交換は難しい、とのこと。


私「もし全部揃わなかったらどうなるのですか?


行員さん「ここまでバラバラですと、日銀の方で鑑定をしてもらうことになるのですが、数字が両方揃ってないと、紙幣として認定できないということになってしまいますね・・・



えーそうなんだー。ショック。


紙切れになっちゃうんだ。



家にはあと何枚かまだパーツがあったので、組み合わせてみたら数字の部分はそろいました。

ほっ。

後日また提出してみたいと思いますが。



半分になってしまった、とかであれば問題はないようなのですが、

今回は結構ビリビリになってしまっているので、すんなりとはいかないようです。



最近偽造紙幣などの問題が増えてきているせいで、

昔とは鑑定方法が違ってきてしまったのですね。



小さい頃読んだお金の本では、

へそくりをトースターの中に入れておいたおばさんが

うっかりスイッチを入れてしまい、全部灰になってしまったお札を

そのままくずれないようにそーっと銀行まで運んで、

何枚か交換してもらったという話を読みましたが・・・



とりあえず今後はアイちゃんにはお財布で遊ばせないようにします。

厳しくNO!と言おう。



AD