車の話の続き

テーマ:
さて新車に乗り換えよう!と決意してから、子供達と号泣しあった次の日の朝。

しーが
「ママ。
僕にとっての一番の車は、ロクちゃんだよ」

と。

ロクちゃんは車の愛称です。

シリーズ6台目だからロクちゃんていう安直な名前ですが。



そんなのは私もそうだよ。

でも私は、今まで乗って来た車、みーんな好きだよ。

しーとアイちゃんの両方が大好きなように、車だってみんなそれぞれ大好きなんだよ。






でもね、あえて、本当に一番を決めるなら、実はロクちゃんじゃないんだよ。



一番最初に、自分のお金で買った、みどりちゃんていう車があってね。
私の中ではそれが私の一番の車だと思ってる。

そのうち、また乗りたいとも思ってるよ。



でもやっぱり車っていうのはね、いつか壊れちゃうんだよ。
修理したり、部品を交換したりして、大事に乗っていても、いつかは壊れてしまう。

みどりちゃんも、たくさん乗ったし、故障もたくさんして、交換できないところもすごくボロくなって。乗り続けることに不安に思うようになった。
でもやっぱりみどりちゃんより乗りたい車なんてないなぁ、って思っていたんだけど、
車の中で一番頑丈で信頼のあるメーカが新しい車を出すことになってね。
世の中で一番いいと言われているところの車なら、みどりちゃんを諦められるかな、て思ったの。



それでBちゃんを買ったんだよ。
丸っこくて可愛かったよ。

でもいざ乗ってみたらね、確かに高級感もあっていい車なんだけど、小回りが全然できないw
Bちゃんは胴長だったんだね。

パパの車で回れるところですら回れなくて。
メンテナンス代もなかなか高くてね。
いろんな不満が積もり積もったときに、
担当の人に、今の車を紹介されたんだよ。
(メーカは違うけど系列店)



それでロクちゃんに出会ったんだよ。








ロクちゃんもたくさん乗って、そろそろ折り返しだし、(4年で7万キロ)
最初はしてなかった、変なモーター音とか、ぶつかったところも完全には治らないみたいだし、やっぱり不安に思うところはある。
あとどれくらい乗れるのかもわからない。


いつかは手放す時がくる。
それが、少し早まっちゃっただけなんだよ。





どれもこれも、いいところも悪いところもあるし、みんなそれぞれ好きだよ。




だからね、これからは、ロクちゃんみたいに、ナナちゃんを愛してあげようね。










ってそこまで話して、また昨夜みたいにみんなで号泣しました。















7も良い車でした。
レンタカーはタイヤがいけなかったみたい。
細くて柔らか過ぎた。

それが乗り心地やステアリングに悪い影響を及ぼしていただけだったみたい。


伝統は受け継がれていたし、確実に進化していました。





電動制御になってしまったステアリングはアナログ感に欠けてしまい、マニュアル車時代から車に馴染みのある私にはやはりちと物足りない感は否めませんが。

まあでもしっとりと重くて、そこそこ握れるかなあ。とにかくレンタカーは本当にひどかったんだからw

私も世の中の進化についていかなければいけないんだろうなぁ。




ヤだけど仕方ない。







事故さえなかったらなぁ…と、運転中ぼんやり考えていると、また泣いてしまいます。


そういえばみどりちゃんを手放す時も、こんな風に毎日ステアリング握って泣いてたなw
10年以上も前のことなのに、ちっとも変わってないなぁ私は。

ちっとも進化してない。




AD