家族で初テン泊

テーマ:
8月の最後の週に立山行こうと思ってたのですが、何やら台風が近づいているみたいで、
山の中で3泊は厳しそうだな、と思い、
ちょうど私の縦走に合わせてパパが前からやりたいと言っていた家族でテン泊を木曽駒ケ岳で3人で一泊する、とのことだったので、
急遽立山はやめて、木曽駒ケ岳に一緒に行くことにしました。

ややこしいですね。




木曽駒ケ岳は中央アルプスにある2956mの山ですが、ロープウェイで2612mの千畳敷カールまで登れるので気軽に登れる山です。深田久弥さんの百名山にも登場します。
木曽駒ケ岳まで登らなくても、千畳敷に周遊コースがあり、観光客が軽装で散策できるのも魅力。春から夏にかけては花が見頃、秋は紅葉が見事です。

因みに私は自分の家族と千畳敷まで来たことがあります。始発のロープウェイに乗って、多分天気が良ければ木曽駒ケ岳まで行く予定だったのでしょうが、生憎の天気で周遊だけして下りたんでしょうね。

そんな記憶があります。





出発までは、天気予報を逐次チェック。
台風10号の影響は月曜以降らしい、目的地の天気予報は土曜 曇りのち雨、日曜 曇り 、とのことで、どうにかなるかな、、、
とりあえず登山口のロープウェイ乗り場に着いてから考えようか、てことで出発。

駐車場からバスに乗って30分後、ロープウェイ乗り場に到着。
ロープウェイに乗って下りたんだけど。

{120E052F-247A-43D7-8872-26448F32455C}

雨。

まあ服まで濡れない程度の雨だし、止みそうな雰囲気だったので「行けそう」の判断をし、登山道へ行きました。



その間標高に慣れない子供達から、疲れた、苦しい、頭痛いの声…
確かに、最初の八丁坂という急登はなかなかきつかったです。

様子を見ながらゆっくり登り、なんとかかんとか乗越浄土に到着。
そこから少しで最初の山小屋。
そこでお昼を食べました。


少し休憩してからまたダラダラ。帰りたい…頭痛い…天気も安定してきて、こんなチャンスは滅多にない!と思い、様子を見て出発。

中岳の山頂を超えてからは次のテン場のある山小屋まで下るだけ。徐々に霧も晴れ、山小屋の屋根が見えました!
この、次の山小屋が見えた時の安心感たら…
ていうか霧で見えないだけで、意外と近くにあった、という。



結局ロープウェイ駅からテン場まで、コースタイムの倍くらいかかったんじゃないだろうか。




{D7FD1EF9-C5A3-4077-A4E5-6D050A90C653}

手前の中岳と山頂との間のコル(鞍部)にあるテント場。
初めて山で使った4人用のテント。


テントの後ろの石の風よけは元々誰かが積んだもの。
風の通り道にあるので風が強いのです。
でも石の壁のおかげで結構大丈夫でした。

こんな感じの風よけ石とテントを張った跡地?が至る所にあります。
開けた場所にあるのでなかなか快適。
ハイマツ?の緑と石の白のコントラストが実に美しいです。


今は見えないけれどすぐそこにあるらしい木曽駒ケ岳山頂は、明日登る予定。(小屋の向こう側にあるらしい)





夜中降り出した雨がずっとテントを打ち付けていて、
明日は大丈夫か心配していたのですが。


朝になったら雨も止んでくれました!
良かった。



そして翌朝の山頂。

{B647B2BD-8E7B-4618-BDFD-D85656CB3041}

山頂まで行ったら見事に霧が晴れてくれました!!

 
{139BA5AA-F198-4768-8AA7-6BE014362B1E}

山頂からの景色に感動して写真を撮りまくるアイちゃん。



{8A321F3C-D90C-4369-B352-32C0D2565BF1}

これはしーの撮った写真。
向こうに見えるのは宝剣岳。

何やらエフェクトかかってる…




{669E51C2-EBD2-4828-B2D1-A21AF5BED3A6}

かろうじてわかった花。この独特な形はコマクサですね。
乗鞍のものよりも濃い色でした。



{7F515454-DF58-4CE6-B3B1-74749FFD892A}

人を恐れない野鳥。たくさんいました。
目の前を飛んで通り過ぎていきました。
後で調べたところ、イワヒバリっぽい。
ピヨピヨ言ってかわいいなぁ。





順調に下りてロープウェイに乗り、バスに乗って麓の駒ヶ根に着きました。


{BD421649-6D9B-4700-8F64-2FDCF0AE300D}

そして天竜川にて川遊び。

下界は暑かったので、川の水がとても気持ちよかった!







てな感じの子供達のテン泊デビューでした。

なかなかの素晴らしいテン泊だったんじゃないかな。
携帯であまり写真を撮っていないのですみませんが…


まさか家族でテン泊するとは思っていなかったので、私は結構嬉しいです。
いつか2人が大きくなったら、縦走に連れて行こうかな。


最初の急登の八丁坂で2人ともかなりグッタリしてしまい、途中で下りようかとても悩んだけど、様子を見てなんとか中岳まで登ったら、後は大丈夫でした。


今回の様子を見ると、少しずつステップアップしていったほうが良さそうですが。
2人とも山登りはなかなか楽しいね!と言ってくれたので、好感触だったのでは、と思います。
頑張って目的地に到着する喜び、達成感は味わえたんじゃないかな?



パパも大満足だったみたい。たしかになかなかこんなに良いテン場(アプローチのしやすさ、水場の便利さ、山頂までのアクセスのしやすさ、テン場の雰囲気)はないんじゃないかな。

しかも、日帰りで行ける距離なので、普通の方はそのまま登って降りてしまうので、そこまで泊まり客も多くない、ていうのがありがたかったです。

トイレも比較的使いやすかったし。
(アイちゃん的にそこが心配でした)




次はどこに行こうかな。
簡単に行けてかつ素晴らしいテン場はないかな…




AD