なんとか (加)

テーマ:
昨日無事に帰ってこれました~


初日 午後台湾着→台北市内
2日目 台北市内→(新光三越にてwifiレンタル)→十份(天燈上げ)→十份瀑布→九份→台北市内
3日目 台北市内→陽明山→台北市内→華陰街→台北101→台北市内
4日目 早朝の便で帰国



て感じの旅行でした!

色々本も読んだしネットでも調べたけど、情報が違うことや細かく書いてないことが色々あってなかなか迷いました!
でも駅中で地図を見ているとみなさん日本語で話しかけてくれて親切に道を教えてくれたりして、台湾の方にはほんとうにお世話になりました!
歩いていても、スッと止まって道を譲ってくれたり、車内に乗り込むと必ず座っている方が子供達に席を譲ってくれました。
道を教えてくれた人も女性だし、やっぱり女の人は優しそうで親切だったな。
私も見習いたいです。



台湾人語も所謂中国人のキツイ言い方ではなく、みんな優しい発音で、とても好感が持てました。
友達が以前台湾に行って日本語の教師をしていたことがあったのですが、台湾はとても住みやすいと言っていました。本当にその通りだと思いました。



移動は基本的に電車とバス。
我が家らしく自力の格安旅行。
悠遊カードというスイカのようなチャージ式のカードを使いました。コンビニなどでも支払いが出来るので便利。

悠遊カードは駅やコンビニで買える、というパパの情報だったのですが、まず買う場所がわからない。

エアポートバスに乗ってたどり着いた台北駅。

{DDF3B67E-9AF5-4035-8DF9-41ACCA235AC7}

広い!!(台北の台の字が違う時があるので、路線図などを見てると時々わからなくなります)


台北駅の中のセブンで聞いたら外のセブンへ行け、と言われ、パパは駅で買えるはずだよ、と言い張るのでインフォメーションで聞くと、下へ降りろと言われ…
何が何やらよくわからなくて結局駅の中でご飯を先に食べることに。(駅の中の二階は広大なレストラン街でした。
みんなが食べてる間に外に出てセブンを探すとすぐに見つかり、無事にカードをゲット。
でもまたパパの言うことが違って混乱。
やっぱりこういう調べごとは人任せにしちゃいけないな!と強く思いました。


あとで詳しく調べたところ、地下鉄(MRT)の券売機付近で買えたようです。後で気づいたのですが、聞いていたのは新幹線(HSR)と国鉄(TRA)のインフォメーションでした。だから下へ降りろと言ってたんだな。


なんか段々とわかってきました。


でもそうして現地での生活に慣れてきた頃に帰国するんだよね…




{BAF6C70C-A2EC-4B99-9CC2-DD6BCFBA83BA}

十份の街。
絶え間なく天燈が空を飛ぶ。
(願い事を書いて空に放つ)
(落ちた天燈は車で回収)
この照明の左側、道スレスレを平渓線が通ります。




{25A9ACE4-1EAB-44AE-A20C-5ED67AA0B086}

西門にあった食堂。


{F5A7067D-81AB-4C18-86FE-7A42665FE772}

大根餅焼いてる。


ビーフンと大根餅美味しかった!
大体250元(750円)で家族4人おなかいっぱい。

日本語のメニュー出してくれました。
オーダーを取ってる人も日本語通じました。
ありがたい!
でも周りを見ると現地の人ばかり。
  


{AF60FD2B-9A0C-4E13-8A81-5D9F3B586E7E}

しーのTシャツが足りなくなって、ユニクロで購入。
390元。(1200円)
日本より少し高い。









また来たいな!と思える国でした。
ご飯も美味しいし何より物価が安い。
夕食は食堂で3人分で1000円いかないくらい。
交通費も基本的に100円以下とかだし、高速もフリーウェイのようでした。生活しやすそうな印象。

日本のファミレス(わたみ、うどん屋、モス、寿司屋など)もたくさん見かけました。






人もみんな親切だし、心に余裕があるのかな。
間違いなく幸福度は東京の人たちより高いと思われました。
(こないだ日本国内幸福度1位の福井に行ってきたので、そういう感覚に敏感なのかも)




観光地以外の食堂やお店はほとんどの方が英語も(ましてや当然日本語も)わからないので、基礎の単語くらいは覚えて簡単な会話くらいは聞き取りたい。
(発音は難しそうだけど…)


しかも、地名などはガイドブックやネットの漢字と、現地での漢字が違うこともあるので、漢字を日本語読みするのではなく、きちんと現地の読み方で覚えた方が理解できます。バスとか特に。英語表記があるときはそっちを見たりしました。

でもなんだか日本語と似てるような感じ。
少し調べてみたら、台湾語と日本語で同じような発音の言葉は多いようです。



{3034E3BC-92EB-4C0F-83BD-1418EE737DFE}

淡水信義線の車内の路線図。
各線はナンバーで判別可能。「transfer to line 2 」とかで案内されてました。





あとこの時期はスコールがありますが、移動中に降り出し、着いたら止んだり、と結局雨に降られることはありませんでした。ラッキー。午後から夕方にかけて、少しの時間だけザーッと降ってました。

昼間は蒸し暑くて厳しい。

{94FF114C-F58B-4802-A3D1-9205C8C949FA}

2日目お昼の気温。33度…

陽明山は高原で風が気持ちよかった後にこの気温。




{AA40FD85-0837-4D01-A5EE-298BB800347F}

陽明山で見た国鳥のヤマムスメ(写真に撮れず拾い画ですが)


{535D8242-FBF6-457D-A72F-A2C1795EEE40}

九份の台北行きバス停からの風景。





今回は台北のごく一部しか見てないので、
しかも子供らがいるので建築物系は多分興味ないと思い全然見てないので、また来たいです!

街並みもなんとなく日本に似ている気がしました。
日本と中国が混ざった不思議な感覚。



{C68E4F61-1058-4EF8-86CB-2B76D14131B8}

耳峰(ネコ耳)の、陽明山国立公園内の七星山。行きがけのバスの中からの写真。

(結局七星山には登らなかったのですが、登山道は石畳で普通のスニーカーでも登れそうに整っていました)

「子供と一緒のクライミングは大変ですね。」と携帯で日本語に翻訳して話しかけてくれたトレッカーもいたりw

(山好きな人に悪い人はいない!をまたもや体感しました)





いやあ、楽しかった!!

何より病気や怪我、紛失物やトラブルなどなく無事に楽しく過ごせたので良かったです。




{4FED917F-1016-47C0-9102-A14BF2355A3F}

街中、店の中、至る所にワンコやネコがいました。
普通に歩いていたり。
みんな温厚で撫でさせてくれました。

(アイちゃんのカバンは台湾国旗柄)



 
{D1B71CD3-6E9A-4D80-AB13-092F6D986028}

台北101(高層タワー)の展望台にて。(400m)
(大人500元、子供450元)=約4500円!
台湾の物価で考えると少し高い。
(私はスカイツリーも横浜ランドマークタワーも登ったことがないので適正価格がわからない)

ちょうど夕日の時間帯でとても綺麗でした。








ネットの情報よりも今の方が進化している気がします。
街がどんどん進化している気がする。

桃園空港までのMRTも現在建設中とのことで、さらに便利になるんじゃないかな?




今度は新幹線に乗って台中に行きたいな。
日月潭とかタロコとか。




あと思ったのは、20年前に比べて成田空港の外国人率がすごく高くなった気がする。

前は成田空港は日本人ばかりだったし、帰国の飛行機の中もほぼ日本人だったのに、今は1/3は外国人なんじゃないかな?
日本が昔に比べて比較的来やすい国になったのかなぁ。
我々が乗ったのは海外のLCCだったから余計にそう感じたのかもしれないけど。

日本航空とかは日本人ばかりなのかな?

日本の山の上も、韓国人や中国人ばかりだし…

まあ、日本でお金を落としてくれるのはありがたいことですが。






でもLCCのおかげで安く移動できるのはありがたいですね。
(サービスは基本的に有料なので、水などは持ち込み、子供達にはiPad で映画を見せてました)

行動の幅が広がりそう。
ていうか久々の海外旅行は本当に楽しかった!
また違う国にも行ってみたいです。




AD