はぁ。

テーマ:

パパの趣味に関する金遣いがひどくて私は面と向かって文句を言えずに、行動で不満を表していました。

あくまでも趣味なのだから認めるべきだ、というまっとうな意見を否定できなくて。


もし、家計に負担がかかるようなお金の使い方をしているのなら話は別ですが、一応パパのお小遣いの中でなんとかやりくりしてはいるようなのです。


でもさ、金額がさ、半端じゃなくて…。

そんなお金があるのなら、姫のために貯金したりローンを支払ったりと、色々とお金は使い道があるというのに。



で、さんざん話し合った結果、一応決着がつきました。





次に故障したら売却ね。



パパの車は本当に金食い虫。



AD