もっと楽しく。

元ラガーマンの小林勝宗です。


テーマ:
小林、証券会社辞めたってよ-cal beer


はご存じの方が多いと思いますが、
日本人離れした顔立ちをしています。

初対面で外国人に間違われる確率100%です。

今はカルロスと呼ばれていますが、
サンチョス、ジョニー、マイケルと
様々なあだ名をほしいままにして来ました。

そんな僕が今までに外国人に間違えられた珍エピソードBEST3を
発表します。





第3位.新宿にてナイフ・・・

大学生の頃、授業の帰りにその日は部活もなかったので
新宿をぶらぶらしていました。

西武新宿を出た当たりで警察官が僕に歩み寄ってきて
「警察です!」と警察手帳を見せて話しかけて来ました。

マジで!?と思い何も思い当たる節がなかったので
話を聞いてみると
「ナイフを持っていませんか?」と問われました。

家にはあるが、今は持っていない旨を伝えると
「荷物を見せて下さい」と言われたので
言われるがままに見せました。

鞄の中には教科書が入っていてそれをみた警察官は
「学生さんですか、勉学ご苦労さまです」
と行って去って行きました。

なんだったんでしょう・・・?





第2位.品川にてロシア・・・

これまた学生の頃、
就活か何かで品川に用事があったので駅を降りて歩いていると
「こういうものです」と警察手帳を見せつけられました。
驚くことに、その時話しかけられたのは私服警官でした。

逆らって何か問題になってもしょうがないので
話を聞いていると
「昨日ロシアでテロがありまして」
と言われました。

そうなんですか、と日本語で答えると
「日本の方でしたか!」と驚かれていました。

その後世間話が始まり、
就活頑張ってください、と応援する言葉を残し去って行きました。

昨日のロシアのテロと僕・・・
なんの関係があったんでしょうw





第1位.六本木リッツカールトンのエレベーター・・・

六本木といえば外国人が多いことで有名です。

六本木に行った時にVIP感を味わうために
せっかくだからとリッツカールトンに
入ることにしました。

高層階からの展望を見ようと思い
エレベーターに乗りました。

僕が乗った後に日本人と思われる人が入って来ました。

彼は僕に「Go up?」(上に行きますか?)
と尋ねて来ました。

六本木×リッツ・カールトン、外国人に間違えられても
仕方がないと自分に言い聞かせました。


高層階からの展望を楽しみ
帰るためにエレベーターに乗り込みました。

僕が乗った後に日本人と思われる、先ほどとは別の方が入って来ました。

彼は僕に「Go down?」(下に行きますか?)
とたずねて来ました。

100%でした。




◆まとめ

たまには知的ぶった文章でなく、
こういった等身大の自分も表現出来ればと思います。

楽しんで頂けたのなら幸いです。



読んでいただきましてありがとうございます。
質問やメッセージなどありましたらお気軽にどうぞ。

Facebook→小林勝宗

Twitter→@crls1031


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小林勝宗さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。