こんにちは。

長野.伊那谷の月よみ野草魔女ゆかりんです。🧙‍♀️


ココロとからだと魂を温め輝くことをテーマに活動しています❣️


暑い日が続きますが、朝夕の畑や庭の水撒きが気持ちいいこの頃です。植物たちも喜んでくれてるかな?



この間、使っていたバケツにひびが入っている事に気がつかないで使っていたんです。笑


そのことで思い出した事があります。

今日は、昔、看護師だった自分が母になり娘がアトピーになった時の事を書きます。


もう19年も前のことです。

私が今、長野の山の中で自給的な生活を送ることになったキッカケです。


私には、2人の娘がいます。

上の娘が2歳の時にアトピー性皮膚炎を発症しました。


それから約8ヶ月は育児ノイローゼになりそうな日々でした。


すぐに病院へ行って薬を貰ってつけることは簡単だったけど、私はそれを選びませんでした。


薬を使って一時的に症状が改善しても

これで解決出ることだとは思えませんでした。



穴のあいたバケツに水を入れて蓋をしても一生水がたまることはないです。


...つまり、出ている症状の根本的な原因です。


穴をふさぐ事が大切だと思いました。


もちろん、一時的に薬を使うこともあっていいと思います。


とびひとアトピーの症状が重なって出た時はステロイド軟膏を使いました。


一番大切なのは娘が少しでも楽になり、長~い目で見た時に幸せになって欲しいからでした。


バケツは取り替える事ができますが、

人間の身体は取り替えられませんよね。



昔、看護師として大学病院で働いていた時に

薬により改善する事ももちろんあったけど、

薬疹(薬の副作用)で亡くなる人を数人見ました。


目の前で患者さんが苦しんでいた

あの姿は今でも忘れられない光景です。


この経験が薬だけに頼らず、生活を変えて娘を健やかにすると覚悟した大元の出来事です。



言葉で書くのは簡単ですが、これは生き方を変えるという事です。



色々な事や自分に向き合うという事だったなぁと今だから思える事もあります。


人に言われた言葉に傷ついたり、励まされたり、出逢いも学びも多い日々でした。


正解はなく、選んで生きてきた今、

その事を受け入れる事が大切だと思っています。


あの時は、あれでよかったし、

精一杯生きていたなぁって。


自分の話ばかりしても楽しくないかもしれませんが、今、同じような状況の方に少しでもお役に立つことができれば嬉しいです。


まず、家族や友人がしんどい時にすぐにできることがあります。


・痛みやしんどい所に手を当てる。

(一番シンプルなお手当です。これが一番の基本です。人は手を当ててもらえるだけでホッとします。)

・観察すること。

(いつもと違う表情や様子を知る事で慌てないで対応できるようになります。)




何か症状があって薬だけに頼ることに不安があったり、民間療法だけでも不安という方に少しでも参考になれると有り難いです。


時々こんな事も書いていこうと思います。💞


今日も読んでいただきありがとうございます。😊