2019年ありがとうございました | Azuza Diary♪

Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。

気づけば大晦日。
今日は風が強いですが、暖かい年末となりましたね。
実家に帰っている方、大掃除ラスト頑張ってる方、おせちを作ってる方、
まだお仕事している方。。。いろいろかと思いますが、みなさん1年お疲れ様でした。
 
カリヨンを今年もたくさん応援してくださってありがとうございました。
今年も全力で頑張りました。
 
毎年このブログで1年間を振り返ろうと1年分の写真を見ています。
 
やはり紹介しきれないけど、15枚厳選してみます。
 
 
 
2月は幼児の部、3月は小学生の部のスプリングコンサートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートの後、まりえ&しょうこ先生に赤ちゃんが産まれました。

 

 

そして春は梶ヶ谷さくらまつり。

 

 

こころワクワク保育園も2年目に入りました。
image
 
6月は武蔵小杉でまんなかフェス。実行委員長頑張った!!

 

 

 

 

夏には一般向けの親子コンサート

 

 

 

保育士研修は恒例になった板橋区に続き初の渋谷区でも開催。
 
 
「まこちゃんのドロップス」×吉永麻衣子ライオンパンのワークショップも開催。
コドモエのサイトで紹介してもらいました。
image
 
image
 
そして秋はカリヨンコンサート2019
 

なんとか5人で乗り切りました。
あとプラス1名。写ってないけど千春先生。彼女なしでは乗り切れず。

そして、小学校の教科書の教材の撮影や
 
レコーディングなどのお仕事もたくさんいただきました。

という感じの15枚。
 
毎年のこのながら、毎月毎月新しいことがありました。
これをやりながら通常レッスン。
 
1年に何レッスンやったか計算して見たらなんと、415回レッスンしていました。
月に約37回レッスン。。
ひえ〜〜〜><
 
これを毎年やってきたと思うとくらっときますね。。そりゃ〜歌も上手くなるはず。。。笑
 
 
来年は2020年。ついに20周年!!!!
どうなるだろう。。。。
野望はまだまだありますが、このレッスンを継続しつつ、みんなで新しいことにも
チャレンジしていきます。
 
 
この間Eテレで私の好きな番組の「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」で「舘野泉×中村桂子」の回がとっても面白かったんです。
舘野泉さんは左手のピアニストの方。中村桂子さんは生命誌の第一人者の方なんですけど、「生きること」についてお互いの立場からお話ししていたんですが、継続していくコツは、形を変えながら次につなげていくことなのかもしれないと言っていたのがすごく印象的でした。
 
全く同じことをしていたのでは、進化はしないということに生命が誕生してから20億年くらいで気づいて、少しずつ形を変えながら、次につないでいくことによってどんどん進化してきたんだそうです。(確かそういっていたかと)
 
同じことを繰り返していくことは簡単そうで、すごく難しいことです。
でもそれだけでは継続は難しい。
カリヨンは同じことをやりながら、いつもいろんなことにチャレンジしてきました。
だから続いた20年。こんなお教室が20年ってすごいです。
 
法人化して5年。株式会社カリヨン・カンパニー。まだまだ進化します!!
 
 
20年目のカリヨンをどうぞよろしくお願いします。
 
そして、1年間今年もブログにお付き合いいただきましてありがとうございました。