まこちゃんのドロップスその後・・ | Azuza Diary♪

Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。

まこちゃんのドロップスがあちこちで一人歩きして、いろんな形に変化したり、子どもたちの心にたくさんのチャレンジ心を与えたりしている報告をいただくようになりました。

 

まこちゃんを作ってからまだそんなに経っていないけど、自信を持って表に出せる作品だなと思ってます。

 

そんな報告を紹介。

 

 

 

ある保育園で年中、年長さんと活動で使ってくれたところがありました。

 

年中では「まこちゃんのドロップス」をそのまま発表会で行って、年長さんではさらに発展させて「ゆりぐみさんのドロップス」というタイトル(ゆりぐみさんだったそう)で台本を作り、自分たちの小学校へ上がる不安を出し合い、ドロップスをなめることで勇気が出て、乗り越えられるよね!というストーリーで最後の卒園の発表会にしたというのです。

 

こちら台本表紙。

 

 

実は先日の渋谷区の保育士研修で、みなさんに、どうやって保育園でまこちゃんを子どもたちとやったらいいかというヒントをこの台本を作ってくれた保育士さんと対談形式でお話ししました。

 

 

この台本をはじめ、写真やら動画やら色々と貸していただいたのですが、卒園した保護者のみなさんに先生が連絡を取ってくれて紹介の許可をいただいたそうなのです。

その時も、保護者のみなさんが自分の持っている写真や動画をたくさん貸してくれたり、本当にまこちゃんがゆりぐみさんのみんなの心にしっかりと残って今でも心の支えになっているんだなと感動しました。

 

 

小学校に入っての報告もしれくれたそうです。先生のお話を載せます!!

 

 

「1学期は学校まで行っても、門で号泣して先生3人がかりで教室へ連れてってもらってたという子が2学期からは頑張って通えてると‼

ドロップス効果だそうです✨」

 

「給食苦手だった子が、2学期始まって運動会練習も始まってるのもあるからお腹すくのもあるけどなんとおかわりまでして食べられるようになってきたと‼︎

いただいたドロップスのおかげです‼︎と…」

 

「まこちゃんのドロップスからゆりさんのドロップスへと続編となってて、子どもたちの成長をすごく感じることができました!っていう方が多かったです‼」

 

 

などなど。。。たっくさんの報告をいただきました。

 

 

 

まこちゃんをたくさんたくさん楽しんでくれてありがとうございます!!

これからもいろんなところで花開いてくれると嬉しいなーーー。

 

A先生ありがとうございました。ゆりぐみさんのみんなありがとう!!!


こんなまこちゃんシールも!!保護者の方が作ったそうです。

すごい!!!!





他にもこんなことしたよー!って報告ありましたらお気軽に連絡くださいねー!!!