kodomoe、好書好日、じゅんこ先生の記事紹介  | Azuza Diary♪

Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。

前にも少しお話ししましたが、カリヨンのピアニストじゅんこ先生は雑誌の編集などライターのお仕事も

しています。

 

いつも担当している雑誌「kodomoe」の8月号が発売されたそうですが、今回はなんと前の「おかあさんといっしょ」のだいすけお兄さんとよしおお兄さんの対談!だったそう〜〜。いいなあ。会ってみたいわ。

この取材の日が宿河原のレッスンと重なってしまって、幼児だけ出てもらって、小学生はなんとか乗り切った記憶が。。。みんなで一つ一つ乗り切っております。

 

 

 

 

それはもうビッグ対談ですから、その他のスタッフの数がすごかったとか。。ですよね。。もはやアイドル並み〜〜。

 

WEBでも一部公開しているそうなので読んでみてくださいね。ちゃんと「日下淳子」って名前が出てる〜。すごい。


https://kodomoe.net/serial/interview/23181/

 

 

 

もう一つ、朝日新聞のweb版「好書好日」にて、「わにわにのおふろ」の山口マオさんも取材したそうです。

https://book.asahi.com/article/12488726

 

このシリーズ最高ですよね〜〜。

 

山口さんとても良い方だったって。文章からもとてもよくわかります。。優しそう。。

子どもも好きそうだな。

 

カリヨンでもこのシリーズやってみたいですね。

 

淳子先生お疲れさま。いろんなお話聞けてありがたいです〜。

カリヨンにも生かしていきたいな。