息子たちのバスケ | Azuza Diary♪

Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。


テーマ:
息子たちネタですいません。

去年の今頃、2人とも小学校のミニバスのチームに入会したのです。
そうのすけはまだ低学年なので全然OKですが、りゅうのすけは6年で入会。
正直みんな「え???今??」と思っていたことでしょう。

6年といえば引退最後の年。ラスト一年一丸となって試合をしていく大切な年ですね。。  

ほんとに申し訳ない。。けど入ってしまったのです!!理由はいろいろありますが、入ってしまったんだもの。やるしかないです(私が)。



ミニバスどころか体育会系初の私はほんとにほーんとになにも意味が分からず、何やったらいいのかもちんぷんかんぷん。


でも「休みは子どものバスケに捧げる」と断言。



ところが、容赦なく引率のまとめ役は回ってくるわ、スコアも書かなきゃいけないわ、もう入ってすぐに「無理。。」と思ってしまいました。

仕事パンパンの時も、大きなコンサートの次の日の唯一の休みという日も大体バスケの試合があって朝からお弁当作って引率の日は自分も用意して。。大抵朝やら日暮れまで。。
ほんとに役に立たずの自分に「もうやめたいです」って仲間のママにラインして、その度に励ましてもらったり、みなさんに助けられました。。

でも、ほんとにこの一年は辛かった。。



今日は六送会。あやうく先週のコンサートとぶつかりそうになったけど、調整ついて参加できました。

みんなからの色紙やプレゼントや出し物まで。もらう度にりゅうのすけが私のところにきてぼそっと「ぼくなんて6年になって入会してこんなのもらっていいのかな」とか「資格ないよね」と言いにくるので、「りゅうのすけなりによくやったよ!」と励まし笑

でも最後6年生からの言葉でちゃんとみんなや監督やコーチにお礼も言えてよかった。

なんに対しても考えすぎちゃって、不器用で真面目すぎる兄。。
なんとか終わりまでやれて私もホッとしました。みなさんありがとうございました。






夜は懇親会。みんなで飲みながら、いろいろお話し聞いてたら隣の人が「うちカリヨンに体験に行ったことあります」と。その隣の方も「うちも」。「コンサートも何回かいったことあります」「うちも」って。

「えーーーーーーーー。。」

っていうか今いうー??笑


ですよね。みんなうちの子たちと同じくらいのママたち。近くでたくさんたくさんコンサートやってきましたもん。子育て支援センターでも何年もやってます。未だにやってます。


たくさんの人たちにカリヨンの演奏聴いてもらってたんだなーってら改めて思いました。


でも、私バスケでは完全に存在感を消してるのできっと誰も知らないだろうと思ってたのに。。



さ、あとはそうのすけか。。。
まだまだ大変な日々が続きます。。

やるしかない。。。






azusaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります