褒めてられて育ちました | Azuza Diary♪

Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。


テーマ:
あっという間に週末!今日は保育園や幼稚園で運動会のところが多かったかな?無事開催できてよかったですね。


今月のレッスンは「まてまてタクシー」の絵本です。

夏の高津市民館の親子コンサートも、この演目でやりましたがレッスンはまた一味違います。

昨日は梶が谷クラスのレッスン。
みんなのテンションの高さとなんて楽しそうな顔ー!






動画も載せちゃう



もみじであそんで


あそびうたでダンゴムシに変身



トトロ。だんだんみんなのテンションがアップ!

ほんと楽しそうで私も嬉しくなっちゃいます。


最後、忘れ物はドーナツだったんだ!
と、分かってからみんなでドーナツを紙コップでペッタンして作りました。




「こうやって、ぐるってコップをまわしてー。
ジャーン!ドーナツー!」

とお手本を見せるとみんな目をキラキラさせて

「うわーー!!せんせい!すごい!!!せんせいはすごいねー。ドーナツつくれたねー」

と感動してくれます。

すっごい嬉しい私。笑笑

「みんなありがとう。そんな風にいってもらえて、先生はすごい嬉しいよ」

というとますますみんな褒めてくれます。



私、カリヨン始めたばっかりのころ、工作とか絵とか大の苦手で、ほんとに小さい時から避けて通って来たんです。
でも、カリヨンでやるようになって、子どもたちがどれもこれも

「すごい!!!せんせいすごい!!」

ってたくさん褒めてくれていつのまにか大好きになりました。


あー、私はこうやって子どもたちにたくさん褒めてもらって自信をつけてきたんだなーって昨日は改めて思いました。


成長するのは子どもも大人も遅いことは1つもなくて、みんなが喜んでくれて褒めてもらって嬉しくなる気持ち。あーやってよかったって思う気持ちが人を成長させるんだなと思います。


はー。楽しそう笑


みんなありがとう。

azusaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります