大ホール打ち合わせ | Azuza Diary♪

Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。


テーマ:
今日は3/18のカリヨンスプリングコンサートの打ち合わせにすくらむ21まで行ってきました。

大ホールは必ずホールの照明と音響の打ち合わせがあります。

数年前からカリヨンの照明はホールの方ではなく、プロの照明会社さんの方にお願いしています。会場の照明さんはミュージカルのように細かい演出はニュアンスも伝わりにくいですし、そこまで責任がとれないとのことで。

ずっと探していたのですが、ある大きな劇場でやったコンサートで出会ってしまったのです!これぞ!!という方に。


たまたまそこのホールの担当の方だったのですが、その照明が素晴らしく良くて、こんな方に毎回やってもらえたら。。と。。思い、帰りに思い切って頼んでみたのです。

ダメ元でも言ってみるものです。劇団四季やバレエのステージから歌手のライブまで手がけているとても大きな会社の方ですが、快く引き受けていただきました。

そして、照明が変わるとこうも印象が変わるのか!!ということを目の当たりにしました。

{9B49DF37-2086-404D-B173-F74D92D28049}

{7155E169-BEBA-40AD-BE8D-86599FB5493A}

{F337CB55-93C2-428C-BA25-567043A96AB9}

{0CDBA498-5C90-4E0B-A747-E1288E7C4749}

ほんとに何もかも全部自分たちでやっていたものが「頼れる」存在がいるってなんてありがたい!!と思います。

今年の秋頃大きな公演が決まったのですが、この照明さんなしでは成り立たないステージです。


いろんな方の力があってこその舞台です。


さあまもなく今年度の集大成のカリヨンスプリングコンサートです。楽しみです。

{5F2CB5C9-9D9D-4A3B-951A-EA4CD0CB5778}



azusaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります