Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。


テーマ:
気づけば12月。
カリヨンも昨日からクリスマスレッスンが始まりました。

早速ジングルベルやあわてんぼうのサンタクロース。毎年全く気持ちがついていかないのですが。

{364E9884-918B-47EC-B45D-482D10A9A95B}

でも子どもたちはクリスマスが大好き。ワクワクが止まらないですね。

{B4FDB516-1975-44FA-AB48-B68B04B73A58}

{4FB83EAC-0DA1-459E-9238-6CDBDAE314AE}

{BF1062E9-3A1B-4B57-8678-F9DEA3820CB1}

{D94E5C19-739D-48B9-BB48-7207E85783B2}

今年のクリスマスの絵本は「クリスマスのうさぎぼうや」にしました。
アンドレダーバンのステキな絵の作品です。

ちょっと長いけどサンタが出てくるところはみんな固まってじーっと見てます。

昨日は演劇×うたの週。トンネルをくぐるとサンタの国に行ってしまうという設定。
「サンタの国に行く」というのが怖くて泣いちゃう子もいたり。

泣いてしまうほどその世界に心がどっぷり浸かるということは本当にすごいことだと思います。
なかなかできない体験です。
もし〜だったらということが本当に起きるかもしれないって思うとこんなにドキドキして「怖い!」って思うんだなって子どもたちに教えてもらいました。
でもその時出た涙はほんとにきれいでキラキラしてるんじゃないかなーと思います。

終わってからしっかり抱っこして大丈夫って言ってあげるとみんな安心して帰ります。

きっとこんな1つ1つのレッスンはずっと忘れないだろうと思います。

そんな世界観を出すには私たちが全力で本気でやらないと難しいです。

そう。、かなり本気!!

こんなに長くやってきて何度何度もレッスンしてるのに月の最初のレッスンに絵本を読む時はいつも緊張します。
昨日もきよみ先生と「緊張したねー」って言い合ってました。何度も何年も同じ気持ちでやってこらるのはこの緊張感なのです。

いつも新鮮な気持ちでレッスンに向き合えるカリヨンの先生たちだからこそ毎回本気のレッスンができるんじゃないかなって思います。

今月のレッスンも楽しい内容てんこ盛りです!!



・・・・・・・・・

おまけ

4年生のkちゃんに可愛い手作りプレゼントもらいました。

最近チクチクに凝ってるそう。

{C56D9EA5-B517-46E9-A971-05D9B37CB24D}

{81992D48-7B5C-44E8-BCBA-D167D45B7667}

{1CAC142C-AB40-475B-9A46-49790647908B}

{04216C1C-A01B-4029-B0EC-060BD1BE5372}

解説つきー!!

かわいすぎる。。
ありがとうね。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

azusaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります