ウマソウと一緒に帰ろう☆宿河原幼児クラス | 「音の教室カリヨン」レッスンブログ

「音の教室カリヨン」レッスンブログ

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」の音楽講師によるレッスン風景ブログです。

11月最後のレッスン。

来るなり、Hくんに「ねえ、今日はまだあの絵本?新しい絵本?」と聞かれました。

絵本「おまえ うまそうだな」の最終日は、あの卵を…どうするのかな?

 

まずは「やきいもグーチーパー」の歌から。

子どもたちに本物のお芋を持たせてみると

「重い?」「そんなに重くないよ!」と口々に言い合っていました。

 

最後にじゃんけんをする遊び歌なのですが、今日は体全体を使ってじゃんけん!

チョキ!パー! やった勝った~と一喜一憂です。

 

 

「そらにのぼったふうせん」では、前に出て歌いたい人!というと

あちこちでバシバシ手が上がりました。

 

さて、たくさん歌った後は、いよいよ、あの卵を…

「ハイドボールっていう土を入れて、ウマソウみたいな植物を植えるよ」

というと、みんな興味津々です。

 

ハイドロボールはコロコロした土なので、手でさわっても汚れません。

前回作った手作りのカラを植木鉢にして、多肉植物を飾りました。

 

自分で好きな多肉植物を選んでのせていきます。

すごくちっちゃいのもあるんですが、けっこうこれを選ぶ子どももいます。

「ひとつだけでいいの?」「これでいいの」

この小さいバラみたいなのはね、星の王子っていう品種なんだよ。

 

じゃあ最後に、この子たちに歌をうたってあげよう!ということで

スカーフを持って「ちきゅうにおえかき」を歌いました。

 

今月は曲もたくさん、いろんな体験をしましたねー。

来月はいよいよ年の瀬12月。

クリスマスの歌を歌いますよ!

 

(じゅんこ先生)