いつもこのブログを読んでくださっている方は

もうお気付きだと思いますが…

 

私、カリカ博士は

ダジャレが好きです

(34歳、おやじギャグとは認めていません笑)

 

ちなみに

おやじギャグとは

「おやじ(年配の男性)が言う時代感覚からズレた冗談や洒落」

By広辞苑

 

布団がふっとんだ~

そんなバナナ~

 

なるほど

さすが広辞苑真顔

 

 

ここで疑問が!

 

なぜ

おやじギャグは

ズレている

おもしろくない

と思われがちなのでしょう?

 

なぜ

人は(おやじは)

おやじギャグを言ってしまうのでしょう??

 

それは

脳科学的

答えは2つチョキ

 

 

1つ目

左脳の側頭連合野の機能の発達

 

この脳の部位は

見聞きした物事から

別の何かをイメージ・連想する

はたらきがあり

おやじ世代はこの脳部位が発達しているから

ギャグを思いつきやすい

という特徴があるとのこと

 

おやじ世代の強みグッ

 

つまり

おやじギャグを“思い付く“

ということは

想像力ボキャブラリー豊かである

ということなんですねにやり

 

 

一方、

ギャグを思いついてもおやじ以外の人は

あまり言いません(だそうです笑)

 

では、なぜ

おやじはギャグを言いやすいのでしょう??

 

それが

2つ目

前頭葉の機能低下

 

脳部位は

理性や感情をコントロールしている部分で

 ギャグを思いついても通常は

前頭葉がはたらき

空気を読んで?あまり口に出したりはしませんが

おやじ世代になり前頭葉のコントロールがゆるくなり

ギャグをついつい発してしまうことが

多くなってしまうんです滝汗

 

ということは

“笑えない”おやじギャグを言わずに

“笑える”おやじギャグを言えるように

日頃から脳のはたらき

維持・高めておくことが大切なんですねキラキラ

 

以前のブログでも紹介しましたが

”笑う”ことの健康効果は絶大爆笑ウシシ笑い泣き

 

脳に良い研究結果がある

健康食品もうまく活用して

脳も体も心も若々しく

”おもしろい”ギャグが言えるおやじ

を目指していきましょうニヤリ

 

カリカ博士はこれからも

ダジャレ(おやじギャグとは認めない)を

ブログにどんどん盛り込んでいきたいと思います( *´艸`)

 

今日の1句

「おやじギャグ 増えたらチェック 脳(ノー)のサイン」