更年期の救世主は腸内細菌!?

テーマ:

お出かけが気持ちイイお願い

連休が楽しみウシシ

そんな季節になってきましたねデレデレ

 

 

ところが

体調が優れずそれどころじゃないあせる

そんな

”更年期”世代の方からの

ご相談が増えていますぐすん

 

 

女性の2人に1人が悩まされるという

“更年期障害”

 

 女性の場合は閉経前後に

だるさ

ほてり(ホットフラッシュ)

多汗

めまい

イライラ

落ち込み

皮膚や粘膜系の不調

骨密度の低下(骨粗しょう症)

眠れない

などが出やすくなりますショボーン

 

その主な原因は女性ホルモンの減少による

ホルモンバランスの乱れガーン

 

対処法として

女性ホルモンのエストロゲン

補う薬などがありますが

長期間の服用のリスクとして

子宮内膜増殖症

子宮系のがんや乳がん

心筋梗塞

脳卒中

肝機能の悪化

などが挙げられます爆弾

 

その他の対処法として

漢方やカウンセリングなどもありますが

最近では

健康食品サプリメント

取り入れる方も増えてきています虫めがね

 

そして

世界中で行われている研究の中でも

特に注目されているのが

『腸内細菌』の影響

 

更年期対策に有名な成分として

大豆イソフラボンがよく知られています鉛筆

 

その大豆イソフラボンよりも

更年期対策に有力なのが

大豆イソフラボンの“代謝物”である

「エクオール」という成分まじかるクラウン

 

そして

大豆イソフラボンから

エクオールを作ってくれるのが

腸内細菌なのです流れ星

 

しかしながら

誰でもその腸内細菌を持っているわけではありませんびっくり

 

大豆イソフラボンからエクオールを作り出してくれる

「エクオール産生菌」がしっかり働いている人は

日本人では約50%日本

 

若者世代ではなんと

約20~30%

しかいないと言われていますえーん

 

エクオール産生菌が元気な人は

豆類はもちろん

食物繊維の豊富な食材

(根菜、海藻、キノコ、等)や

発酵食品

を普段からよく食べる人ナイフとフォーク

 

これは

腸内細菌の数や種類が豊富で元気

であることと関係が考えられます走る人

 

つまり

食事

睡眠などの生活習慣

腸に良い健康食品の利用

などで

より良い腸内細菌たちを元気することは

更年期の対策にも非常に重要なのです!!

 

女性がますます輝くために

腸内細菌に良いコト・モノを

普段から取り入れていきましょうキラキラ

 

 

今日の1句

「更年期 カリカリしないで カリカしよ」

 

https://www.carica-celapi.jp/lp/pc/