桜の効果 美容と健康が花開く

テーマ:

327日は『さくらの日』

日本さくらの会が1992年に制定したそう桜

 

 

その由来は

3×9(さくら)27

の語呂合せと

七十二候のひとつ「桜始開

が重なる時期であることから鉛筆

 

日本の歴史、文化、風土と

深くかかわってきたを通して

日本の自然や文化について関心を深める日

 

ということで

『桜(さくら)』に関する

美容と健康

科学的な情報をお届けします拍手

 

桜春と言えば桜桜

花見などで

その美しさ、その香りで

私たちを癒してくれますが

最近では

美容と健康にも良いという

研究データがいくつも報告されていますビックリマーク

 

そのキーワードは

抗糖化

 

美容と健康を邪魔する

老化現象を進めてしまう要因として

酸化ストレス炎症

が有名ですが

最近では

糖化ストレス

も注目されていますカギ

 

糖化とは

タンパク質と糖が結びつくことによって

そのタンパク質が変性・劣化してしまう現象のことドクロ

 

私達の体は

たくさんのタンパク質でできているため

タンパク質が変性してしまえば

その見た目もはたらきも

おかしくなってしまうのですゲッソリ

 

ですから

この糖化を抑えることは

年齢対策

美しく元気な毎日

につながるのです虹

 

桜に含まれる成分は

この糖化をおさえるはたらき

抗糖化のチカラを持っているため

美容と健康に注目されていますルンルン

 

桜ってすごいキラキラ

 

ただ

このような優れたはたらきを持った素材は

桜だけではありません上差し

 

酸化と炎症を抑えることで

糖化を防ぐこともできます筋肉

 

これからは

抗酸化

抗炎症

さらには

抗糖化

のはたらきを持った

化粧品や健康食品に要注目ですね爆  笑

 

私、カリカ博士も

様々な角度から研究や勉強を進めて

より多くの方に役立つ製品や

情報の発信につとめていきますにやり

 

ご期待くださいチュー

https://www.carica-celapi.jp/

 

 

今日の1

「知識得て 美容と元気の さくらさく」