苺(いちご) | 峰シェフの健康レシピ
2006-01-28

苺(いちご)

テーマ:食材

苺 なんだ、このかたち。。


いちごがスーパーの店頭を賑わせていますね。
赤一色です。


ついつい見入ってしまうのですが、いかんせん高いです。


もう少ししたら、女峰なども出てくるので、その頃になったら頂きます。


本来は春から初夏が旬なのですが、促成栽培や品種改良などにより通年見かけますね。

うれしいやら、かなしいやら、でもやっぱりどんな食材でも旬のものは断然おいしいです。


●つぶつぶ!ぶつぶつ?●
いちごの表面には、つぶつぶがたくさんありますよね。

プチッとした食感は好きです。


なぜ、こんな話しからするのかと言うと…


いつもみなさんが「おいしいー」と言って食べている、
赤くて甘い太った部分は果実ではないのです。


実は、、、あの黒いつぶつぶが果実なのです。


いちごを縦に割ってみるとわかりますが、あのつぶつぶへ
向けて葉の方から白い線が出ています。


いちご2 ほぉー。。


おもしろいですね~


今度ゆっくり観察して見て下さい。


果実のかたまりを食べていたのですね。。


ちなみに、いちごはバラ科に属します。
とてもカワイイ小さな白い花を咲かせます。


●いちごのすごいトコロ●
さて本題に入ります。


なんといっても、ビタミンCですね。
果実の中ではトップクラスです。


1日に必要なビタミンCは50mgといわれていますが、いちご1個にふくまれるビタミンCは約10mgですので、5粒食べればOKです。


レモンとなると、2.5個食べないといけません。それはちょっときついですね。。


ビタミンCは人間の体内では作り出せないので、毎日補給しなければいけません。

その他、カリウム、食物繊維などが含まれます。


あの赤い色はアントシアニンという色素の色で、この成分は抗ガン作用があるといわれています。


●ビタミンCの力●
ビタミンCといえば、女性の味方ですね。
新陳代謝を高め、メラニン色素をできにくくする働きがあるので、しみ、そばかす、ふきでものなど、肌のトラブルに有効です。


そして、粘膜の抵抗力を強くして、風邪を予防し、また治りやすくします。


また、ストレスを受けるとビタミンCが体内で大量に消費されます。
ビタミンCを十分に摂る事は、副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになり、肉体的、精神的ストレスに負けないからだを形成する事につながります。


●いちごいろいろ●
いちごにはたくさんの種類がありますよね。
毎年の様に新品種が登場しています。


現在では、西の「とよのか」、東の「女峰」と人気を2分しているそうです。


その他、はるのか・アイベリー・とちおとめ・ダナー・麗紅・芳玉…


平成15年から福岡で生産が始まった「あまおう」も良く見かけるようになりましたね。
個人的にあまおう好きですね。


これから、いちごの本格シーズンなので、いろいろ食べ比べてみて下さい。




↓ポチっと峰シェフを応援して下さい。

バナー3

いちご 並べすぎ

carewave-recipeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス