『個々の職場のニーズに合わせた最善の支援やアドバイスをするために、私たち自身が 日頃から災害によって引き起こされる身体的、精神的被害について話し合い、勉強し、 被災しても職場の元気を早く取り戻せるような意味のあるBCPやマネジメントを考えていく』 ことを目的に、災害医療の専門家、中小企業診断士、産業医療職、医療職、福祉職、経営者、テーマに興味のある方、様々な方にご参加いただいています。


今回は、後半に「災害時の職場での健康被害に関する調査」の中間報告をもとに、「健康被害を想定する」ワークショップを開催します。
F・Linkの事務所のそばに見つけたちょっとほっこりするセミナールームで、ほっこり、まじめに、楽しく「想定」しましょう。

テーマ「 九州北部豪雨(佐賀県杵藤)・台風15号(千葉県)災害対応報告」
   話題提供者:医師 若井 聡智氏

 「中小企業庁 事業継続力強化計画の作成ポイント」
   話題提供者:中小企業診断士 社会保険労務士 品川 聡氏

ー日 時ー 2019年10月31日(木) 19:00開始 21:00終了 (開場:18:30〜)

ー場 所ー rassombler「ラソンブレ」本町
  大阪市中央区北久宝寺町4丁目3番12号小原5ビル201号室
  大阪メトロ御堂筋線「本町駅」15番出口より徒歩5分
      ラソンブレ会場案内
      https://www.spacemarket.com/spaces/rassombler_honnmachi
      

ー参加費ー 無料(F・Link賛助会員のみ参加可能)
      *賛助会員申込はこちらから  
      →https://www.flink2018.com/blank-3

ー定 員ー 25名(先着順となります。)

ー会 員 申 込ー saigaisanpo@flink2018.com

 
          件名「第3回災害さんぽ参加希望」
          と記載し、お申込みください。