働く女性の自立のルール

白鳥のように振る舞う人生を



いつもお読みいただき

ありがとうございます。

 

小松仁美です。

 

 


一生懸命頑張っているのに 
伝わらないことや 




気遣いのつもりが 
逆に要らぬ計らいだったり 




深く想っているのに 
浅くしか伝わっていなかったり 




良かれと思って配慮したことが 
逆効果だったり 




なぜか上手くいかないことって 
ありませんか。 




仕事でもプライベートでも 
人生色々な出来事が起こります。 




でも 
目の前に起こる 
上手くいかない出来事から 
私たちは人生に必要な 
大切な多くのことを 
学ぶのだそうです。 




上手く行ったから 
良い人生であるというよりも 




上手く生きるように 
努力することが 
良い人生。 




だから結果が出るか出ないかは 
実は大した問題ではなくて 




その出来事にどう向き合ったが 
その人の本当の人としての価値を 
創っていくのだそうです。 





目の前に起こる問題は 
例えば算数や数学の 
問題集やドリルのように 




難しい問題が来る時ほど 
乗り越えられる強さや 
人としての深みを得て 
自分を高めるチャンスかもしれません。 




あなたにやってくる 
「出来事」という問題は 
足し算引き算のような簡単なドリルなのか 
微分積分などの難しいドリルなのか 




難しいほど苦しみも伴いますが 
解決できる自分にだからこそ 
降りかかる出来事でもあると信じて 




それを避けずに向き合いながら 
人としての成長を 
成し遂げていきたいですね。 




私自身まだまだ未熟なので 
乗り越えられそうにもない難問も 
色々とやってきますが 



周囲の方に助けられ 
励まされながら 



じたばたしながらも 
最後は自分の中にあるエネルギーを 
原動力に 



何とか向き合って 
ひとつづつ完了させるよう 
頑張っています。 



*********** 




ある私の知人は時々 
「元気ですか」と 
短いショートメールで 
連絡をくれます。 




「元気です。 
 生きていると色々ありますね」 




何気なくたったその一言 
返信しただけなのですが 
こう返ってきました。 




「白鳥の気持ちは 
 白鳥にしか分からない 


 だから 
 白鳥に生まれてきた宿命を 
 楽しみましょう。 
 理屈や根拠抜きで・・・ 


 あなたの水面下の闘いは 
 想像できていますよ」 






さりげなくそっと一文 
伝えてくれる。 




本当はじたばたした人生なのに 
「白鳥」にしてくれる 




その表現の美しさに 
一瞬言葉を失うほど 
感動し胸が熱くなりました。 





水面下で必死で泳ぎながら 
表には凛として 
孤独も味方につけて美しく 
しなやかに泳ぐ白鳥 





そういえばCA時代 
「サービスは白鳥のように 
 どんなに忙しくても 
 お客様に見せず 
 凛として美しくあれ」 


と教えられてきました。 






バレエでも 
今まで数多く踊ってきた 
「白鳥の湖」 
「瀕死の白鳥」・・・ 




「白鳥」という 
そんな美しいメタファー
で 
そっと励ましの 
ショートメールをくださる 




そのさりげなく美しい 
溢れるホスピタリティに 
ただただ感動しておりました。 




人を救う美しい言葉 
自分を救う美しい言葉で 




地味でいい 
影でいい 
時に 
上手く伝わらないかもしれないけれど 




精一杯の自分の言葉で 
綴っていけたら 
いいなと思いながら 
投稿を書いています。




今日も白鳥のごとくエレガントに 
素敵な一日を
お過ごしくださいね。 


 

 

頑張る女性を

いつもいつも

応援しています!

 

 


   

★現在募集中のセミナー★

 

6月2日(日)

東京校オープン記念1DAYセミナー

 

●午後の部(12時半〜14時半)*東京都内

 

『たった2時間で変わる!

講師一年生のための話し方セミナー』

お申し込みはこちらから★

*残席1です*

 

 

講師 小松仁美

CAREER LABO代表

 

 

●午前の部(10時〜12時)*東京都内

 

『30歳からの「大人の印象力」セミナー』

お申し込みはこちらから★

 

講師 大場淑代

CAREERLABO 東京校代表

 

image

 

 

*ダブル受講の方には軽食をご準備してます。

 

 

 

 

女性のための起業塾「My CAREER塾」

新ホームページ完成しました!

新HPはこちら

 

 

 


 

 

まずは個別相談(対面・お電話にて)をお受けください。