本日の午前中に蒲田駅の近くでキャリアコンサルタント交流会があり、参加してきました。

 

2019年1月14日(月祝)キャリアコンサルタント交流会(東京会場)

https://peraichi.com/landing_pages/view/20190114careerconlink

キャリコンリンク合同会社の主催です。

 

参加にあたっては主催の瀧本博史先生(キャリコンリンク合同会社 CEO)からいただいた

交流会を120%活用するための無料WEBセミナー(動画セミナー)を昨夜改めて見返しました。

振る舞い方や連絡先交換のポイントなどを再確認できてとてもよかったです。

 

内容はもとより、動画ということで瀧本先生の雰囲気・キャラクターを感じられてよかったです。

全く知り合いのいない場に出向くことは多少なりとも心理的ハードルを感じるものですが、

動画セミナーにてハードルを適切に下げてくださっていると思いました。

 

当日の瀧本先生もとても参加者に気を配り、

安心して交流できる場を作ってくださっていました。

 

交流会は、とあるゲームでのアイスブレイクを皮切りに、

「ワールドカフェ方式」での話し合いを20分間、チームを変えて同じテーマで3回実施しました。

最後に全体でのシェアをし、希望者は参加者どうしで名刺交換や連絡先交換をしました。

 

話し合いでは自分にない視点が他の方から色々出て刺激的でした。

個別にお話をお伺いすると、色々なキャリアがあり、立場も様々でした。

例えば、ご自身ですでに事業を持たれている方、企業の社員の立場で実践されている方、

フリーランスの方、将来に備えて準備中の方などです。

 

年齢も20代から60代まで幅広くいらっしゃいました。

他のキャリアコンサルタント関係の会と比較すると若手の方も多かったです。

出身のキャリアコンサルタント団体や年代をこえてお話できる貴重な場だと感じました。

 

やはり専門職は交流してナンボのところがありますね。

 

=======================================================================

<雑感>

アイスブレイクはとても取り組みやすく盛り上がりました

→順位がつくアイスブレイクで、

  その順位が話し合いの最初のグループ決めにつながっていました。

 

"人生100年時代"は改めてキャリアコンサルタントにとって重要な視点だと感じました

→話し合いのテーマになっておりました

→リンダ グラットンさんの「LIFE SHIFT」の話は本当にたくさん引用されています

→(教育現場などを通じ)子どもの頃からのキャリア感醸成の必要があるのではないか

→私は仕事や職業のキャリアだけでなく、

 それらも含む人生全体、ライフキャリアを充実させることが大切と考えています

→ライフキャリアと考えると、横連携で多様なサポート(例:健康やお金の麺)と相まって

 総合的にアプローチするが、

  そうなるとキャリアコンサルタントの独自の価値としては提示が難しい

 

キャリアコンサルタントの世間での認知度は低い現状を受け入れ、

自ら現状を打破していくことが大切だと感じました

→認知度の低さを嘆くだけではいけない、一人ひとりが有資格者として何ができるのか

→キャリアコンサルタントの価値を向上させる行動を自ら取り、

   その価値を伝えていくことが必要

→経営者に理解してもらうためには数値で費用対効果を示せないといけない、

   ビジネス視点をきちんと持つ

 

キャリアコンサルタント自身のキャリア形成は大切

→時代の変化をきちんと踏まえていく

→年齢を重ねていく中での役割の変化や援助の仕方の変化に柔軟な姿勢でのぞむ

 

(その他にも色々ありますが長くなりますので割愛・・・)

=======================================================================

 

お一人でいいので、切磋琢磨できる仲間を見つけたいというのが私の目標設定でした。

おかげさまでたくさんの方と名刺交換をしフェイスブックでもつながることができました。

 

このブログを書いていることもお伝えできました。

ブログを書くことだけでも知らず知らずのうちに自信になっていたのかなと感じました。

 

切磋琢磨できるかはそれぞれにビジョンがあり今後に期待ということになりますが、

今日時点での目標は達成としていいかなと思っています。

 

瀧本先生、参加者の皆様ありがとうございました。

 

引き続き精進します。

 

P.S.

交流会後、有志でランチに行きました。

そこも楽しかったです。