礼儀正しくない人より、礼儀正しい人に教えたくなる。 | 4大文系卒20代のキャリアデザイン

4大文系卒20代のキャリアデザイン

4年制大学文系学部を卒業された人へ、20代のキャリアデザインに役立つ具体的で使える情報をお伝えします。


テーマ:





 職場に後輩がいます。


 後輩に仕事を教えることがあります。


 その際に、



 「もっと教えてあげたいな」



 と感じさせる人と、感じさせない人が
います。


 その違いは礼儀です。


 礼儀といっても、むずかしいことでは
ありません。


 教えてもらったら、



 「ありがとうございます」



 と言って、すぐにやってみることです。


 教えてもらった後は、言葉だけでなく、
行動することが大切です。


 行動がないと、



 「こちらの教えたことが
まずかったかな」



 と思います。


 また、こちらはたくさんの後輩を
見てきています。


 決して、お礼を期待しているわけでは
ありません。


 しかし、人間ですからお礼を
言われると、悪い気はしません。


 何よりも、



 「こいつは、お客様にもお礼を
言えないのではないか」



 とお客様先での行動に不安を
感じてしまいます。


 礼儀は、仕事のスキル以前の問題です。


 会社で先輩、上司に仕事を教えて
もらう。


 セミナーで講師の人から教えてもらう。


 どんなケースでも、行動すること、
そして人としての礼儀を忘れない方が
いいですね。


 そうすると、より教えて
もらえるようになります。

4大文系卒20代のキャリアデザインさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス