2030年におこる?第四次産業革命と仕事 | ”自分が変わる 組織が変わる” 「働き力アップのスマート仕事術」

”自分が変わる 組織が変わる” 「働き力アップのスマート仕事術」

キャリ・ソフィア代表の木山美佳が、「キャリア」「女性の働き方」「ワークライフバランス」、ときどき日々の出来事を綴ります。


テーマ:

ブログにお越し頂き、ありがとうございます


 

先日友人と入った飲食店では

 

多くの作業が自動化されていました

 


入店して席に着いたら

 

テーブルにあるタブレットを使い


“言語”を選び

 

写真と説明を読んでボタンで注文を入れます


 

料理は人がもってきてくれますが

 

会計なども自動で行われます


 

ちょっと味気ないようにも感じましたが

 

少なくとも

 

食事をするということに関して

 

何の問題もありませんでした

 

 

それで、

 

井上智洋氏『人工知能と経済の未来

 

~2030年雇用大崩壊~』について

 

ご紹介します

 


井上氏は経済学博士、


マクロ経済・貨幣経済論・成長理論

 

人工知能と経済学の関係を研究するパイオニアです

 

 

サブタイトルに、


なぜ"2030年"となっているかというと

 

2030年頃に汎用AI


(何かに特化したものではなく

 

色々とできる人工知能)が出現しはじめると


予想され、それが

 

第四次産業革命を引き起こす言われているからです

 

 

他にもこの本の中では

 

2045年に起こる可能性がある


と言われている

 

映画「ターミネーター」の世界のようなー


コンピューターが、全人類の知性を超える時点

 

シンギュラリティ(技術的特異点)


についても書かれています

 

また、

 

資本主義の限界や、イノベーションの枯渇


といった現状からの分析


 

AIが労働を担い、

 

人にはベーシックインカム(みんながもらえる手当)

 

などの可能性などについても述べられています



人間に都合の良い変化だけを


予想していたり


なんとかなるさという


楽観論ではないので


ちょっと眉間にしわをいれながら


読み進め、

 

考えさせられることも多いのですが


 

こういうことも


可能性として起こりうるのだということは

 

やはり知っておくべきなのかなと思います

 

 

AIは

 

2030年ころには、汎用人工知能が開発されると

 

言われているようです

 

汎用人工知能とは、例えばチェスとか将棋とか

 

特化したことだけをするための人工知能ではなく

 

様々な知的作業をこなすことが


できる人工知能とのこと

 

すでに2015年頃から世界的な開発競争が

 

はじまっているそうです

 

 

オックスフォード大学のカール・フレイと

 

マイケル・オズボーンは、

 

2013年に発表した論文「雇用の未来」で

 

702の職業が、

 

AIに代替され10~20年後に


なくなると述べています

 

この論文では、代替されにくい“スキル”として


仮定されていたのが

 

    クリエイティヴィティ(創造性)

 

    ソーシャル・インテリジェンス(社会的知性)

 

    コグニション&マニビュレーション(認識と操作)

 

この3つです


 

    コグニション&マニビュレーション(認識と操作)とは

 

私がレストランで体験したように

 

人がしていた、


食事を運んだり


(グラスにワインをそそいだり)

 

物体を目で認識し、手で取り扱う作業です

 

 

けれど、研究の結果は

 

    コグニション&マニビュレーション


(認識と操作)も

 

さほど人間の仕事として残らないという


予測になったそうです

 

 

一方で、井上氏自身は


汎用AIに負けない領域として

 

・クリエイティヴィティ系(創造性)

 

・マネージメント系(経営・管理)

 

・ホスピタリティ系(もてなし)

 

という3つの分野の仕事は、


なくならないだろうと述べています


 

例えば、バーに行って

 

お酒を出してもらうだけなら、


ロボットに出来ますが

 

そこで気の利いた会話やもてなしを発揮できるのは

 

人間にしかできない仕事だといえます


 

しかし、このホスピタリティ面でも

 

将来的には

 

機会は人間を追い上げてくることも

 

予想されるので

 

そこで競争も増えていくと井上氏は予想しています


 

未来に起こる出来事について


真剣に

 
考えてみたくなる一冊です


 

参考:『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』

井上智洋,文芸春秋,2016

 

***

※研修・キャリアカウンセリング・コーチング

株式会社キャリ・ソフィア 代表 木山美佳

http://www.career-sophia.jp/

キャリ・ソフィア代表 木山美佳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります