育活日記

テーマ:
大変ご無沙汰しております。
久しぶりのブログ更新です。
産休、育休の間、多くの方からのお祝いのお言葉、励ましのお言葉…
本当にありがとうございました。


さて、今年3月に産まれた娘も、生後7ヶ月を迎えました赤ちゃん 2

5ヶ月頃に「ずりばい」をはじめ、
6ヶ月半ばには突然「お座り」そして「ハイハイ」を始めました。
今や、ママを探して三千里(?)家じゅうをハイハイしています。
赤ちゃんの成長はこんなにめまぐるしく変化し、たくましくなっていくことに
驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
(変わらないのは、妊娠時からの私の体重です;苦笑)

半年経ってようやく子育てにも慣れてきました。
私の気も長くなったようです(笑)
産後は、〝育児ノイローゼ″を言い訳に、随分周りの人たちにご心配をおかけしました。
気も短く、実母や主人にあたってしまうことも多々ありました。
それでも、広い心で私を受け止め支えてくれたことに心から感謝したいと思います。

妊娠中、子どもが産まれたら、こんな職業に就いてほしい!こんな幼稚園、学校に行かせたい!・・
など恥ずかしいような大きな理想を描いていました。
しかし、小さく小さく産まれた娘を胸に抱いたとき、
命ある限り、健やかに育ってくれることがどれだけありがたいことかと思うようになりました。

新米ママの私は、子育ての技術もありませんし、知識もありません。
ただただ毎日の経験が、私の知恵になっていきます。
その中で私が心がけていることは、『娘と心から一緒に楽しむ』ということです。
ただ、それだけです。
「共感」「共苦」を大切にしていきたいです。

これから先、娘がどんな人生を歩み、どんな生き方をしていくか、
一緒に見守っていきたいと思います。
ひとつだけ望むならば、
「生きる力」、「生き抜く力」を身につけてほしいと願っています。
昨今の自然災害、原発事故・・これらの教訓からそう感じています。



今後、こちらのブログでも、育活日記と題して、日々の子育て奮闘記を綴ってまいります。
また、facebook上(こちら)では、週に2~3日のペースで仕事や子育ての実況中継をしています。


さらに、こちらのサイトでは、働くママ(キラきゃりママモデル)として
子育てや仕事に役立つグッズやおススメ本、1週間レポートなどのコラムも執筆しています。


母親としても職業人としてもまだまだ未熟な私ですが、
今後とも何卒よろしくお願いいたします。



ご報告

== 東北地方太平洋沖地震による災害のお見舞い ==

このたびの東北地方太平洋沖を震源とする地震により、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災され、不自由な生活を余儀なくされている皆様に
謹んでお見舞い申し上げます。

多くの方が被災されたことに胸を痛めつつ
一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。


                 倉橋満里子キャリアデザイン事務所
                 代表 倉橋満里子



さて、私ごとではございますが、
ブログを読んでくださっている皆様へ、報告がございます。

2011年3月1日、長女を出産いたしました。

今、未曾有の大災害の渦中にあり、日本がこの様な事態に見舞われている、
その最中に小さな命を授けて頂いたということ。
この子は来るべき時代のために、
皆様と共に力強く進んでいく命と感じています。

未来を担う小さな命。

誰かの絶望に寄り添うのではなく、
困っている人たちの「希望」にほんの少しでも役に立つ人に。
希望を生み出し、笑顔を共有できる人に。
それがきっと、私たち家族の希望となるにちがいありません。

新しい家族ともども、よろしくお願い申し上げます。



≪ご案内≫

誠に勝手ながら、育休のため、しばらくお休みをさせて頂いております。
再開時期に関しては、こちらのブログ、HP上で後日お知らせいたします。
なお、各種サービスに関するお問合せ、ご相談に関しては、
引き続きHP上でお受けいたしております。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


$フリーアナウンサー&キャリアコンサルタント 倉橋満里子のキャリアルネサンス 


今年で5年目を迎える本気就活生のキャリアカレッジ「Job Club Aichi」。

今年は、日本経済新聞社さまの協賛を得て、
2010年11月よりJCA名物講座「JCA就職対策完全フルコース」(全6日間)がスタートしました。

様々な大学から、本気で自分のキャリアを考える仲間(総勢40名/男18名・女12名)が集まりました。

※JCA5期生の出身大学
名古屋大学(3)、名古屋大学大学院(1)、名古屋工業大学大学院(1)、名古屋市立大学(5)、南山大学(1)、愛知教育大学(1)、愛知県立大学(2)、愛知県立大学大学院(1)、愛知大学(1)、名城大学(2)、中京大学(6)、名古屋商科大学(2)、中部大学(1)、名古屋学院大学(1)、愛知学院大学(1)、愛知淑徳大学(2)、椙山女学園大学(4)、金城学院大学(1)、岐阜大学(1)、岐阜大学大学院(1)、岐阜聖徳学園大学(1)



11月~12月までの約2か月間にわたる全6日間(トータル26時間)の集中講座。

○自己分析
○企業・仕事分析
○社会・業界研究
○エントリーシート(文章力の向上)
○グループディスカッション(チームワーク力の習得)
○面接(コミュニケーションスキルの向上)、
○時事ニュース対策(新聞を活用した時事分析)
○活躍できる人材の思考&行動術
○モチベーションアップ
○働くとは?仕事とは?を本気で考える  etc・・・

就職活動だけに限らず、
社会に出てからも活かせるスキル、マインド、アクションを主体的に身につけてきました。
一人も脱落することなく、最後の最後までやり遂げて頂きました。

彼らの大きな強みは、『成長力』。

JCAレギュラー講座「就職対策完全フルコース」の最終回には、
2か月間を振り返って、自分が成長したと思うことを
自分の言葉で綴ってくれました。

そこには、出会った頃より、たくましく成長した彼らの姿があります。


JCA5期生の成長の軌跡をご覧ください。
こちら!
※JCA生全員の「講座受講アンケート」の原文が掲載されています


彼らにとって、ここからがスタート。
JCAは、これからも本気の仲間を応援し続けます。

久しぶりのブログ更新です。
ご訪問ありがとうございます。


日本経済新聞社様×日経ライン会様主催 『金融・商社を目指す!就活ホンネ塾
(2010年10月30日開催)

日経新聞社のIさま、日経ライン会会長のSさまからお声をかけて頂き、
特別講演の講師としてお招きいただきました。
講演講師としてだけではなく、セミナー企画の段階から携わらせて頂きました。

100名定員のところ、200名強の就活生の皆さんからのお申込。
私がお話させて頂いた特別講演のテーマは、
内定する人と内定しない人との違いとは?選ばれる人財となるための5つのポイント

①就職活動のゴールの明確化
②Have<Move
③ネット&ペーパー&リアル
④自分の可能性を広げる思考術
⑤才能<情熱

講演終了後、
涙を流しながら感謝の気持ちを伝えて下さる学生たちがいました。
不安が自信に変わりましたと溌剌とした表情で伝えて下さる学生たちがいました。
自宅のパソコンを開いてみると、50通近くの御礼や感想のメールが届いていました。

日経新聞社の皆さま、日経ライン会の皆さま、
このような貴重なご縁と機会を頂き、心より御礼申し上げます。



倉橋満里子キャリアデザイン事務所主催「Job Club Aichi 就活プレセミナー」
(2010年11月3日開催)

40名定員のところ、70名近くの本気就活生の皆さんにお申込頂きました。
100分間の個別模擬面接指導、JCA卒業生のES分析、自己PRゲームなどを実施。
新卒採用を熟知したJCA専任講師3名と
現在、大手都市銀行でご活躍中の方1名を導入し、皆さんをサポートさせて頂きました。



JCAレギュラー講座就職対策完全フルコースがスタート!
(2010年11月13日開始)

今年5年目を迎えるJCA。
日本経済新聞社様からのご後援を頂き、無事スタートしました。

40名限定のJCAレギュラー講座。申込み開始1週間で定員に達し、
皆さんの〝本気"が伝わってきました。
もみじ「第1回 究極の内定力養成講座」の感想はこちら



就職活動を始めた皆さんは不安でいっぱいだと思います。
「自分は本当に社会人になれるのだろうか」
「自分の行きたい企業は自分を必要としてくれるだろうか」
この不安は就職活動を始めたすべての学生の皆さんの共通の不安だと思います。

まずは、今の自分を信じてあげること。
それをJCAは精一杯サポートさせて頂きます。

20数年間の人生の中で培ってきた、キラリと光るあなだだけの個性を自分自身で納得してほしい。
これから自分がどのように生きていきたいかを思い切り悩んでほしい。
そんな皆さんとJCAは寄り添って進んでいきたいと思っています。

5年目を迎える本気就活生のキャリアカレッジ「Job Club Aichi 2012」(JCA)。

不安を抱えながらもやる気に満ちた本気就活生の皆さんが、
今年も全国から集まってきています。

2010年11月開講に先立ち、
JCA学長 倉橋満里子より、就職活動生の皆さんへ、メッセージをお届けします。


社会人になって10年。
私は今、10年前にアナウンサーを志望し、
その夢を叶えるために一生懸命だった「21歳の私」へのエールを考えています。

超就職氷河期と言われた2000年。
私は海外放送局でのインターンシップ経験を武器に、100社以上の放送局を受験しました。

テレビを観ながら現役アナウンサーと自分を重ね合わせていたあの頃。

最終面接での敗退が続くと、「これがいつまで続くのか」という思いと、
受験する放送局の数が減っていくことへの焦りが、四六時中頭の中をぐるぐると回っていました。
きっと誰もが経験する不安と挫折。

今の私から「21歳の私」へのエールは、
「自分の可能性をもっと信じてあげてね」
この一言です。

自分自身がつくりあげた「こんな自分でなくちゃ」という思い込みも、
周りを見て感じていた「アナウンサーはこんな人が選ばれる」という偶像も、
自分で自分をしっかりと見つめてあげられていなかったからだと思います。

足りないことだらけだった「21歳の私」。
でも、「夢へのこだわり」とそれを叶えるための「行動力」は、今よりずっとあったような気がします。

大切なことは「自分自身と真摯に向き合おうとする気持ち」。
その気持ちを呼びさますのは、人との出会いであったり、一冊の本であったり、
やりたい仕事との出会いだったりするのかもしれません。

人は「気づいたとき」から、いつでも変わることができると思います。
また自分の可能性を自分自身で確認できたときに、確かな一歩を踏み出せる気がします。
Job Club Aichi との出会いが、そのきっかけの1つになれば幸いです。

              
Job Club Aichi 学長
   $フリーアナウンサー&キャリアコンサルタント 倉橋満里子のキャリアルネサンス 




2010年11月3日(祝)
第1回目の「JCA就活力ジャンプアップセミナー」(参加費無料)を開催します。

新卒採用を熟知したJCA専任講師陣3名が、
就職活動の出発点である「個々の課題発見と戦略立案」をテーマにした講座を実施します。
第一線で活躍する社会人から、
現在の自分に対する評価(フィードバック)を受けられるチャンスもご用意しております。
一人ひとりの長所・伸ばし方のポイントを
「社会人視点」で一緒に考えていくというのがJob Club Aichiのスタンスです。

現在の残席数は、

午前の部: 満席(申込みを締め切らせて頂きました)
午後の部: 満席(申込みを締め切らせて頂きました)

【お詫び】 
定員40名のところ、80名近くのお申込を頂きました。誠にありがとうございます。
しかしながら、定員に限りがあるため、お申込みをお断りしなければいけません。
ご参加いただけない皆様には深くお詫び申し上げます。
順次、JCA案内パンフレットをお送りいたします。



チェックセミナーに関する詳細はこちら


9月は新規のお客様からのお仕事を多く頂いた月。
感謝の気持ちを込めて、サイト上での公表が可能な案件を振り返ってみたいと思います。


もみじ愛知県労働協会さま主催 『魅力2倍アップ!話し方セミナー』

一般の方向けセミナーとして、3週連続で実施させて頂きました。
30名の定員のところ、48名の皆さまからご応募いただき、
キャンセル待ちでご参加頂けなかった方もいらっしゃいました。
多くの方からご興味を持っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

受講者の方はお勤めの社会人の方がほとんどでしたが、
中には、求職中の方、主婦の方、起業中の方もいらっしゃいました。
個性溢れる素敵な皆さまに囲まれてのセミナー。

セミナー終了後には、多くの方から御礼のメールが届いておりました。
中には、「先生の話し方セミナーを継続して受講したいです。
ぜひ先生ご自身で話し方教室を開催して頂けませんか?」という
ご要望をいくつか頂戴しました。嬉しい限りです。
前向きに検討してまいりたいと思います。

【セミナー内容(一部)】
1)話す力の5つのレベルと現状把握
2)聴き手の心に残る話し方の基本
3)魅力的な第1印象で話力アップ!~表情・姿勢・声力アップトレーニング
4)印象に残る話し方をするための表現力ブラッシュアップ
5)話を分かりやすくするための説明力ブラッシュアップ
6)相手の納得を引き出すロジカルプレゼンテーション術



もみじ大阪府宅地建物取引業協会さま主催 「お客さまの心をひらく接遇マナー研修会」

お仕事終了後の夜間研修会。
仕事でお疲れの中、また、足元の悪い中、お集まりいただいた方は、なんと100名弱。
北大阪地区の不動産会社にお勤めの販売職・営業職の皆さまにご参加頂きました。

通常、企業研修というと、30名弱での実施が多かったのですが、
このように大人数での研修会は初めでした。

接遇マナーは「覚える」ものではなく、「使いこなせる」ことが求められます。
実践トレーニングやロールプレイングもふんだんに取り入れながら、
2時間の研修会を進めていきました。

終了後、大変ありがたいお言葉の数々と御礼のメールを頂戴しました。
改めてこのご縁に感謝申し上げます。
Yさまをはじめ、青年部会の皆さまからの多大なお力添えに心より御礼申し上げます。



もみじ愛知県労働協会さま主催 「保護者向けセミナー 今どきの就職活動事情」

労働協会さま初の保護者向け講演会。
その記念すべき第1回にお声をかけて頂きました。

平日の午後にもかかわらず、ご参加いただいた保護者の方は35名。

就職活動中のお子さんをもつ保護者向け講演会は、
専門学校、大学、短大などで何度か実施させて頂きましたが、
今回は、一般の応募での募集。
定員をはるかに超える参加人数に、保護者の皆さまの意識の高さを感じました。

講演後の質疑応答では、
15分という時間では足りないくらい、活発にご質問を頂きました。
閉会後にも多くの保護者の皆さまから個人的なご相談も頂きました。

経済状況の悪化により、就職環境は様変わり、就職氷河期が続いています。
さらに、複雑で長期化している就職活動に対して、
学生の皆さんは大きなストレスと不安を感じています。

お子さんにとって一番身近なサポーターである保護者の皆さまには、
講演でお伝えしました“お子さんのやる気を引き出す支援法”を参考にして頂きながら、
共に就職活動を考え、乗り越えて頂けたらと心より願っております。

【講演内容(一部)】 ※ご案内チラシはこちら

1)今どきの就職活動事情 
  ―最近の大学生の就職状況、就職活動スケジュール、以前はなかった新しい選考試験
2)企業の採用スタンス
  ―企業が学生のどこを見ているのか
3)一番身近なサポーターであるために
  ―お子さんの就職活動を成功させるための支援法(ケーススタディ)

ビックリマーク保護者の皆さまからのご質問の中に、
私が主宰しております本気就職活動生のためのキャリアカレッジ「JCA」に関するお問合せを多く頂きました。
JCAの詳細はこちらです。


うちゴハンの反対語は「そとゴハン(外食)」、なんだか温かい響きです。
家族行事や記念日には自宅の近くにある「ぜったいに外さないお店」に出かけます。

和食・洋食で各2つくらいお気に入りのお店があるのですが、
最近洋食の一店が閉店してしまい大変困っています。
無性に「あのスープパスタが食べたい」と思い立つことがあるのです。
どうしてもっと頻繁にお邪魔できなかったのだろうと自己嫌悪になってしまいます。

このパスタ屋さんはとにかく野菜にこだわっていました。
スープを口に運ぶと野菜の風味が鼻をスッと通り抜けます。
にんじんやセロリ、玉ねぎの「香り」が楽しめるのです。

確かにチェーン店さんに比べると待ち時間は長いのですが、
一口料理を食べるとそんな思いは吹っ飛びます。
パスタを存分に満喫した後は、手作りデザート。
半冷凍のケーキも絶品でした。

手間を惜しまず、うちゴハンでは味わうことのできない「プロの味」が
味わえなくなることは本当にさみしいことです。
ノミネートしていた洋食店がここ数年の間にぽつりぽつりと三店姿を消しました。

土日の夕方になるとメイン道路はすべて渋滞となる新興住宅地です。
競争が厳しい中、みんなが思わず笑顔になる手作りの「そとゴハン」。

心からの「ごちそうさま」と「また来ます」の一言を忘れず応援していきたいと
思っています。


メモ今日のお仕事メモ

今日は、某専門学校で、
就職活動中のお子さんをもつ保護者の皆様向けに、
「今どきの就職活動事情」と題して、講演をさせて頂きました。

9月30日には、一般公開セミナーとして、
就職活動を控えるお子さんをお持ちの保護者の皆様向けに、講演いたします。
『一番身近な就職サポーターになるために
        ~今どき就活事情と就職を成功へと導く親と子の関係~』
※詳細はこちら


最近、「準備」に凝っています。
仕事も家事も、相手の顔を思い浮かべながらあれやこれや考えていると何だか楽しくなってきます。
想像していた通りの笑顔に出会えるとやってよかった!と心から思えるし、
思い通りの反応が返ってこなかったときは何がダメだったのだろう…と
一人でくよくよしてしまいます。
自分自身を褒めてあげるにも、奮い立たせるにも「準備」はやっぱり大切。


さて、今年で5年目を迎える本気就活生のためのキャリアカレッジ「Job Club Aichi」。
本格的な公開告知はまだですが、学生のみなさんから続々と参加依頼を頂いています。

「一人ひとりの学生と向き合いたい」というコンセプトを大切にしながら、
「より多くの学びの機会を創る」というエッセンスを加えていきたいと考えています。

先日も新しく講師をお願いする社会人サポーターの方とお食事&意見交換をしてきました。
毎日苦労されているなと心から感じたのは、
こちらからの質問によどみなく答えるその頭の回転の速さとぶれない考え方からでした。

社会人サポーターのみなさんに個性を発揮して頂き、
かつJob Clubの方向性を共有して頂くためには時間がかかります。

社会人サポーター、JCA卒業生、協賛をしていただく日本経済新聞社のみなさまのサポートを受け、
多くの刺激と気づきに溢れた、個性的な講座をお届けしたいと思っています。


就職活動に向けて準備をすすめる大学生のみなさんへ

就職活動は「真剣」になるに相応しい、自分の可能性を広げる機会です。

自分自身に挑んでいこうとし、
社会人になる不安と戦おうとし、
自立した社会人になることに果敢に挑戦しようとする、
凛としたあなたに出会えることを楽しみにしています。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
Job Club Aichi 2012は、2010年11月よりスタートします。
ご興味のある方は、仮登録(無料)をお願いします。
就職活動に役立つ情報をはじめ、
Job Clubの最新セミナー情報をいち早くお届けいたします。
ビックリマーク詳細はこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
一日中冷房をつけていないとどうにも生活できない酷暑が少しずつ和らいできた気がします。

お盆休み前半は実家に帰省。
お盆休み後半から先週半ばまで滞在していた父母が帰省してしばらくして、
わが家に待望の「オーブンレンジ」がやってきました。

水蒸気を使って調理することで「脱オイル」を実現するという優れものです。
名古屋へやってきて約3年。
ようやく21世紀にふさわしいキッチンになったような気がしています。


さっそく昨日はスーパーへ買い物に出かけ、茶碗蒸しを実践茶碗蒸し

下ごしらえをして、タイマーをセット
排熱が冷えた部屋を生暖かくするのはグッと我慢
「ピー、ピー」という終了音を合図に
恐る恐るレンジの扉を開けると…
「わ――っ」
完璧な火の入り具合で料理完成!

次は何を作ろうかな、と今後の予定を考えながら試食。
味付けも合格点、新しいレンジに「ありがとう、ごちそうさまでした」


私たちが子供だった頃に比べて本当に便利な生活を送れる環境が今はあります。
夫婦共働きで子育ても、という家庭にはこのような多機能なレンジは
きっと欠かせないものになっているに違いありません。

電子レンジで調理した「茶碗蒸し」と
今も昔も私にとってのご馳走、実家で採れた食材をふんだんに使って料理した
母の「茶碗蒸し」に思わず思いを馳せました。

■□■HPリニューアルのお知らせ■□■


倉橋満里子の公式HPをリニューアルオープンいたしました。

しばらく更新できていなかった「講演・セミナー情報」や、
秋から始まる「公開講座」のご案内、
また、2012年卒業見込みの就活生を応援する「Job Club Aichi」のページなど、
旬な情報をいち早くお届けしてまいりたいと思います。

未完成な部分もありますが、
もしよろしければご訪問ください。


new 新ホームページはこちらから!


貴方様のお越しをお待ちしております。