5年目を迎える本気就活生のキャリアカレッジ「Job Club Aichi 2012」(JCA)。

不安を抱えながらもやる気に満ちた本気就活生の皆さんが、
今年も全国から集まってきています。

2010年11月開講に先立ち、
JCA学長 倉橋満里子より、就職活動生の皆さんへ、メッセージをお届けします。


社会人になって10年。
私は今、10年前にアナウンサーを志望し、
その夢を叶えるために一生懸命だった「21歳の私」へのエールを考えています。

超就職氷河期と言われた2000年。
私は海外放送局でのインターンシップ経験を武器に、100社以上の放送局を受験しました。

テレビを観ながら現役アナウンサーと自分を重ね合わせていたあの頃。

最終面接での敗退が続くと、「これがいつまで続くのか」という思いと、
受験する放送局の数が減っていくことへの焦りが、四六時中頭の中をぐるぐると回っていました。
きっと誰もが経験する不安と挫折。

今の私から「21歳の私」へのエールは、
「自分の可能性をもっと信じてあげてね」
この一言です。

自分自身がつくりあげた「こんな自分でなくちゃ」という思い込みも、
周りを見て感じていた「アナウンサーはこんな人が選ばれる」という偶像も、
自分で自分をしっかりと見つめてあげられていなかったからだと思います。

足りないことだらけだった「21歳の私」。
でも、「夢へのこだわり」とそれを叶えるための「行動力」は、今よりずっとあったような気がします。

大切なことは「自分自身と真摯に向き合おうとする気持ち」。
その気持ちを呼びさますのは、人との出会いであったり、一冊の本であったり、
やりたい仕事との出会いだったりするのかもしれません。

人は「気づいたとき」から、いつでも変わることができると思います。
また自分の可能性を自分自身で確認できたときに、確かな一歩を踏み出せる気がします。
Job Club Aichi との出会いが、そのきっかけの1つになれば幸いです。

              
Job Club Aichi 学長
   $フリーアナウンサー&キャリアコンサルタント 倉橋満里子のキャリアルネサンス 




2010年11月3日(祝)
第1回目の「JCA就活力ジャンプアップセミナー」(参加費無料)を開催します。

新卒採用を熟知したJCA専任講師陣3名が、
就職活動の出発点である「個々の課題発見と戦略立案」をテーマにした講座を実施します。
第一線で活躍する社会人から、
現在の自分に対する評価(フィードバック)を受けられるチャンスもご用意しております。
一人ひとりの長所・伸ばし方のポイントを
「社会人視点」で一緒に考えていくというのがJob Club Aichiのスタンスです。

現在の残席数は、

午前の部: 満席(申込みを締め切らせて頂きました)
午後の部: 満席(申込みを締め切らせて頂きました)

【お詫び】 
定員40名のところ、80名近くのお申込を頂きました。誠にありがとうございます。
しかしながら、定員に限りがあるため、お申込みをお断りしなければいけません。
ご参加いただけない皆様には深くお詫び申し上げます。
順次、JCA案内パンフレットをお送りいたします。



チェックセミナーに関する詳細はこちら