アコムの土日対応について | クレジットカード・サラ金カード極め隊!

クレジットカード・サラ金カード極め隊!

クレジットカードとサラ金カードに非常に興味あり。その他金融関連のネタを書いていきます。


テーマ:
アコムは土日祝日でも対応可能です。
受付自体は24時間対応しています。

土日祝日でも即日借入が可能です

アコムは土日祝でも申込受付から契約まで全て行っています。
通常の消費者金融であれば土日祝は銀行振込ができませんが、アコムは楽天銀行と提携しているため楽天銀行口座を持っているのであれば振込融資も可能です。
まずはカード借入から説明します。

カードを受け取って借入を行う

申込受付や審査に関しては何時までとは決まっていません。
しかし審査通過連絡TELが21時まで(午前9時から)となっていることから考えると、申込を遅くても20時までにはしておきたいところです。

20時頃までに申込を行い、21時までに無事”仮”審査通過の連絡をもらったら、22時まで(午前8時から)稼働している自動契約機に向かいます。
”仮”通過というのは、この時点ではまだ必要書類を確認していませんので、申込内容との突合ができていないためです。

自動契約機で必要書類を提出し、申込内容と比較しておかしなところがなければ”本”審査通過となります。
契約手続きを済ませカードを受け取り、アコムATMが併設してあればそこから借入することができます。

なお、これは全て滞りなくことが運んだ場合です。
もし申込時の入力不備があると、審査時間が長引く可能性があります。
入力不備は結構多くの方がしてしまうので、急いでいるときほど慎重に行いましょう。

その日中に借入を強く希望するなら、できるだけ早く申し込むことが大切です。

銀行振込で借入を行う

ほとんどのカード会社は土日祝の振込融資ができません。
銀行自体が休みであるためです。

しかしアコムとプロミスは一部の銀行と提携しており、土日祝でも振込融資が可能となっています。
アコムは楽天銀行と、プロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行とそれぞれ提携しています。

この場合、上述のカード受け取りと同じく20時までに申込を終えます。
その後アコムから申込確認のTELがあり、必要書類の提出になりますが画像のアップロードやFAXでも可能です。
また、審査の中には在籍確認も含まれていますので、ここでも時間がかかる可能性もあります。

しばらくして審査通過のTELをもらうことができれば、インターネット会員画面から楽天銀行口座に振込操作をして終わりです。
この時間を過ぎると原則翌営業日扱いになります。

休日の在籍確認はどうなる?

土日であったり会社の休日であったりすると、電話をかけても在籍確認ができないことになります。
その場合、アコムは社会保険証などの書類による在籍確認が可能です。
基本的にサラリーマン向けの確認方法ですので、自営業の方やパート・アルバイトの方はほぼ断られるでしょう。

ただアコム側から持ち掛けられるのではなく、申込後の本人確認TEL時に書類による在籍確認希望であることを相談しなければいけません。
または申込時に備考として書いておいても構いません。

必ず要望を受け入れてくれるわけでもなく、申込時の情報や信用情報を加味した上で決定されます。

SMBCモビットの「WEB完結」なら書類による在籍確認がデフォルトですが…

SMBCモビットのWEB完結ならカード会社との相談の必要なく、最初から書類による在籍確認と決まっています。
このWEB完結は他にも、カードレスであることが決まっていますので、土日祝日の借入ができません。
というのは、銀行振込が唯一の借入手段となるためです。

よって、会社の休日が平日であるなら書類による在籍確認と即日借入が可能になります。
しかし会社の休日が土日祝日であるなら、最短の借入可能日は銀行の翌営業日ということになります。

在籍確認できなくても審査通過するケースもある

昨今では個人情報保護などを理由に、在籍確認がうまくいかないケースも増えています。
そのため在籍確認が上手くいかなくてもとりあえず最低限度枠で審査を通過させ、後日に再度在籍確認を行ったりすることがあります。
ただこのケースも申込時の申告情報や信用情報を総合的に判断して、審査の合否を決定されます。

在籍確認がうまくいかない時間帯や日程がわかるのであれば、アコムに相談することもよいでしょう。
在籍確認を問題なくクリアした方が、信頼度の面から限度額が大きくなりやすいのです。

平日14時を過ぎた場合でも即日融資が可能

アコムでは、平日なら14時前に契約が完了しており14時30分までに振込依頼を行えば、こちらの口座への振込融資も対応してもらえます。

または、初申込の方で平日であれば、三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行の口座を持っていると、平日のみ18時まで受け付け、19時までに振込融資を対応してもらえます(電話による振込依頼のみで、インターネット振込依頼では不可能)

さらに楽天銀行の口座を持っているなら24時間振込融資が可能です。

それでは、楽天銀行の口座を持っておらず19時も過ぎて振込依頼できなかった場合、これはこちらの口座に振り込んでもらっての借入は不可能になります。

ではどうなるかというと、ここからは上述の”カードを受け取って借入を行う”と同じフローを踏みます。
カードを使っての借り入れとなるのです。
カード受け取りによる借入方法は、平日も土日祝日も同じフローです。

インターネット申込を済ませたあとで、無人契約機で契約手続きを行いカードを受け取ります。
そのままそのカードでATMから借入すればOKです。

無駄足をなくすため、申込みはオンラインがおすすめ

銀行振込を希望しない場合、無人契約機にカードを受け取りにいくことになります。
それなら、最初から無人契約機で申し込めばいいのではと考える方もいますが、審査に落ちた場合無駄足になります

ですので、オンラインで申し込みを行って審査通過を確認してから無人契約機に向かうことにした方が効率が良いのです。

サラ金皿子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス