リヤの足回りをごっそり落とします

見えている大きい4個のブッシュをプレスで交換

デフのブッシュはカバーごとの支給。

しかし、アクセルのON/OFFだけでお尻が振られていたのはこれで一発解消

足回りのブッシュを大小すべて交換。みんなクタクタ

ガソリンタンクも降ろし

案の定クラックがフロアに入っていました

ここからは真剣すぎて溶接写真等撮り忘れてしまいました

ついでに補強をしました

(当社在庫有り)

そして、すべて元に組上げ作業完了

今回の車両は走行18万km台。ステアリングが激変、シャープになり

何より高速領域での安定感は驚くほど!

新車時はこうだったのか....

1つずつ交換、試走というわけにはいかないのではっきりと断言できませんが

おそらく交換効果が高かったと思われる順は

                               ① クラック修理

                               ② フロア補強(予防も含め)

                               ③ デフブッシュ(アクセルON/OFFで異変が無ければ必要ないかも

                                          下から覗けば見えるので判断できます)

やはり、ボディがしっかりまともで初めてブッシュが働くんだと思います

 

以上、46M3のふらつきでお悩みの方は参考にしてください。

 

126motorwerks.com