ノア(AZR60G)パワースライドドア修理 | カーデパートミズタニのブログ

ノア(AZR60G)パワースライドドア修理

60ノア、ヴォクシーのパワースライドドア、動かずにて入庫しました。

このトラブル、本当に多いです。

多分本格的にスライドドアが電動になったのはこのモデルからになるかと思います。

いわゆる初期型(?)だからか?

クォータガラスの脇のゴムの変形、パワースライドドアのワイヤーのトラブル等、

いろいろ有りますが、今回はワイヤーのトラブルです。

今回は両側共に動きが悪くなりました。

おまけに、右側はローラーも変形してしまってひどいことになっていました。

ワイヤーの皮膜の割れによって、動かなくなったり、動きが悪くなったりです。

見えにくいかもしれませんが、下の画像のワイヤーがねずみ色の皮膜で覆われており、それが割れてきています。

どうも、このわれのせいで引っかかったりするようです。

 

 

ワイヤーを新品に交換します。

右側もワイヤーを交換、さらにローラーも交換。

ローラーは左が新品、右が使われていたもの。

一番手前の白いローラーのプラスチック部分の半分ぐらいが欠けていました。

転がらず、引きずる感じになっていました。

 

無事、動くようになりました。

 

荷物を持っていたり、お子さんがいらっしゃったりすると、非常に便利ですが、使えなくなると面倒くさいものです。

 

最後に、動かなくなったときは運転席周辺にあるパワースライドドアOFFのスイッチを確認してみてください。

車によりますが、スイッチに膝があたったり、洗車等で触ってしまったりして、オフになっていたりすることがたまにあります。