トラブル修理-ダッジ チャレンジャー警告灯点灯/岡山県から保険のレッカー搬送を利用して | フリークのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

岡山県からダッジチャレンジャーの修理ご依頼です。

 

こちらのダッジのオーナー様は、

以前フリークにてBMW圧送交換をして頂きました。

 

 

この度、新たに増車でダッジを手に入れられたそうです。

ところが、暫くしてエンジンチェックランプが点灯。

アメ車の整備を何処に依頼しようかと悩まれていた所、

BMWでご利用頂いたフリークの事を思い出して頂いたという事で。

 

ただ、エンジンチェックランプ点灯の原因は不明。

岡山県から愛媛県まで、果たして無事に乗って行けるのかどうか。

 

そこで私がお勧めしたのが、ご加入されている自動車保険に付帯されているレッカー搬送とレンタカーサービス。

 

 

内容をチェックするといずれもしっかり付帯されていましたので、

保険会社さんの全て負担でレッカー搬送にて入庫。

お車が無い間はレンタカーも無料で借りられます。

(BMWがありますけどね)

 

 

 

岡山県から愛媛県までレッカー搬送したら、下手すると15万円をゆうに超えてしまいますが、その辺りの交渉はフリークにお任せ下さい。

 

 

 

 

診断機を接続してチェックすると、色々とストアされている模様。

 

 

 

その中でも、エンジンチェックランプを点灯させている原因はこのパワートレイン系コード。

3つのDTCを検出。

その全てがEVAP絡み。

 

 

 

フューエルタンク内圧力が不安定です。

 

 

 

原因は恐らくタンクキャップですが、パージバルブは常に働き続けていましたので、価格も比較的お安い為同時交換させて頂く事に。

両方純正を採用です。

特にタンクキャップは、ネットなどで売られている安い物を使用すると、結局直る事無く泥沼にハマるとか・・・

 

 

 

2点交換させて貰うも・・・

 

 

 

何故か、エンジンを始動するとこの表示。

始動後も、ODO表示などと共に「GAS CAP」の文字が消えない。

 

何度も診断機で消込するが、それでもダメ・・・

 

まさか、まだ他にもどこか空気吸ってる??

って色々考えるも、流石にそれは無い。

 

結局最後には無事消去できましたが、

「いつの時代の車よ!(笑)」って思ってしまう工程を踏む必要あり。

 

 

 

同時にエンジンオイル交換もご依頼。

 

 

 

当然、オイルエレメントも。

 

 

 

ガスケット面にはシリコーングリースを塗布。

トルク管理をしながら取り付け。

 

 

 

フリークにチョイスをお任せして頂いた場合、

まぁこのオイル、選ばせて貰うでしょう!!!

※ご予算が許せばですが。

 

 

 

いつでも気軽に寄って頂ける距離ではありませんので、

ここはぴったりドンピシャでFULLレベルに調整。

 

 

 

ミッションオイルの交換もご依頼頂きました。

 

 

 

日本車用の工具しかお持ちでなければ、この車のミッションオイルは交換が出来ません。

 

 

 

まずはフィラープラグを開放。

現状の油量確認は必須ですが、それよりも、

フィラー側が問題無く外れる事を確認せず、オイル全部抜いちゃう人居るんですよね。

抜いたはいいけど、入れられない(笑)

 

なので、全ての油脂類交換に言える事ですが、先に入口確保が絶対です。

 

 

 

続いてドレンプラグ開放。

 

 

 

思っていたよりも多めの量が使われているのですね。

指定フルードはATFです。

 

 

 

更に調べると、シングルグレードの75W!

そして、元々純正採用のフルードはあまり・・・・・、、、

辞めておきましょう(^^;

 

使用するのは、粘度もドンピシャ、性能はハイスペック!

ロイヤルパープルのシンクロマックスを充填します。

 

 

 

オーバーフローさせて油量調整完了です。

 

 

 

最後にエアコンのガスクリーニングも実施。

 

 

 

エラーはヘッドライト関連のみ。

それはカスタムからなので問題無し。

 

そしてなんと!!

納車も保険会社が負担してくれます。

もちろん、これだけ色々活用しても、保険料が上がる訳でも無く、

何かしらペナルティがある訳でも無く、

強いて言えば、フリークから保険会社への報告が色々とあるというだけ。

 

輸入車に乗られている方には、

是非是非、ご自身のご加入保険内容を確認して頂きたいです。

 

なにせ今回のお客様のご負担、「修理代」だけなのですから。

 

 

 

 

そしてそして、

何故か今日は、九州からお客様が!!!

 

 

 

まずは、鹿児島県鹿児島市の「コムラテック株式会社」の小村鉄舟社長!!

色んな楽しいお話しがあり、小村さんをこのまま帰らせるのは勿体ない!!が、、、

今日は今治泊で未明出発。

そのまま鹿児島まで帰えられるとの事。

口惜しいが、お見送り。

 

 

 

 

そして、小村さんが帰られたその1分後!!!(本当に!)

 

ふらっと寄られたのは、宮崎県宮崎市の「オートクロギ」の島田社長!

いやいや(笑)

ふらっと・・って。

 

島田さんは、私が主催している整備グループにも加入して頂いていて、今月24日の勉強会にも参加して頂く予定なのですが、それでもそれでも、色んなお話しをさせて貰い、これまた口惜しいがお見送り。

 

24日に改めてお会いしましょう!!!

 

 

本当は、先月福岡にご招待頂いていたのに、コロナの影響で実現せずでしたが、もう少ししたらきっとまたご招待があるはず!!(笑)

 

その際は、今日のお二方のみならず、

色んな方と交流・ディスカッション行いたいです!!!

ね、野瀬さん!!

 

 

 

今回のエンジンチェックランプ点灯修理では、

 ・フューエルキャップ交換

 ・バルブライナーパージ交換

 ・エンジンオイル交換

 ・オイルエレメント交換

 ・ミッションオイル交換

 ・エアコンガスクリーニング作業一式

以上の作業を行っております。

今回の修理ご請求額は、 \ 96,960- となっております。



ご用命、ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離  76,100km>






※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

※弊社では時々整備ブログを書かせて頂いておりますが、ブログ掲載を行って欲しくないお客様は事前に申しつけ下さい。出来る限りこちらからも「掲載可否」を頂く様心掛けますが、折り悪くその接点を持てない事もあるかと思います。ご来店時アンケートにも、「掲載可否」の項目を追加させて頂きました。掲載内容・記述内容に付いて訂正・削除をご希望の方はご連絡下さい。出来る限り早急に対応させて頂きます。


 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

(1) フリークでは、密閉式ミッションの圧送交換が出来る様、様々なアタッチメントを製作・販売しております。商品一覧はこちらです → F-PETシリーズ

 

(2) 弊社より購入頂いたプロショップさんを地域別に掲載した一覧をインターネット上にアップしはじめました。これにより、ユーザー様がお近くのプロショップを検索できるようになります。サイトはこちら → F-PETプロショップ

 

(3) 弊社商品をお使いのプロショップさんの中で、弊社サイトへの掲載ご希望の方はこちらよりご連絡下さい。掲載店へはお客様から直接問い合わせ入ります。問い合わせ件数も増えている様で、掲載プロショップさんから感謝のメールを頂く事も多くなって来ました。他社との差別化を図れる情報発信のひとつとしてご登録下さい。

 

(4) 弊社への連絡でLINEをご希望の方は、会社LINEがありますのでID検索して連絡下さい → LINE-ID 「freakltd」

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

株式会社フリークのホームページはこちら

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました