BMWのエアサストラブル続発中!湿度の高い日本では不向きなの?梅雨と長雨の影響がここにも・・・ | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

先日エアサス修理をさせて頂いたBMW X5 。

 

その時のブログはこちらです。

トラブル修理-BMW X5(E53)リヤエアサス故障

 

 

BMWのツーリングやXシリーズの一部には、

後ろに荷物を積んだ際に下がってしまう車高を調整する為、

エアサスが装着されています。

 

とても優秀なシステムですが、これが壊れると結構な修理金額になってしまいます。

普段気付かない所で実は結構助けてくれているのですが全く気付かれず、トラブルが出た時にのみフォーカスされて「高額修理」が目立ってしまいますので、実は結構可哀そうなヤツなのです。

 

 

では、何故壊れたのか??

今回は修理をしていくというブログでは無く、

故障した部品を検証してみようというブログです。

こんなの、みんな興味あるのかな??

 

 

 

 

このX5から取り外した故障エアサスポンプユニットを分解してみます。

 

 

 

まさに、まな板の鯉。

 

 

 

ポンプ部分から分解を進めていきます。

リベットを飛ばします。

 

 

 

コン コン コン・・・

 

 

 

コンロッドと呼べばいいのでしょうか。

上のヒートシンク部分はエンジンで言う「ヘッド」部分に当たります。

 

 

 

ピストンの頭が見えました。

 

 

 

ピストントップには弁が付いています。

 

 

 

エンジンのピストンと同じ方式で上下運動によりエアーを作り出しています。

 

 

 

コミュテータには特に目立つ傷は無し。

 

 

 

あれ?ブラシも結構残っています。

 

続いてどんどん分解して行きます。

次はバルブブロックです。

名前だけ聞くと「何それ??」ですが、

作られたエアーを、左右それぞれのエアサスバッグに向けて分配する仕事をしてくれている部品です。

 

 

 

おや!?

 

 

 

おやおや!?

 

 

 

おおおお・・・・・

これは酷い。

腐食が進み、スプリングもお仕事していないし、錆片が通路を詰まらせています。

おいおい、ドライヤーさんはお仕事していましたか??

 

 

 

ドライヤー分解。

 

 

 

 

このビーズが湿気を吸い取ってくれますが、どうやらこちらが寿命を迎えている様です。

家庭用の「水とりゾウさん」みたいに、ここは取り換えが出来るシステムが必要かと思います。

 

しかし、

現状は残念ながら、エアサスポンプからバルブブロックまで完全一体の非分解構造。

 

ちなみに、このエアサスポンプユニットは純正が17万円。

更にこのポンプの後期タイプとなると、25万円程します。

 

 

 

 

 

アーマチュアも問題無し。

 

 

 

ピストン外してみました。

 

 

 

更に取り外したピストンリング。

エアポンプなのでそこまでの熱も発生しないでしょうが、

それでも、摩擦熱と上下摺動に長年耐え続ける必要があります。

材質は何なのだろう?

カーボンなのかな??

知っている方いたら教えて下さい。

 

 

 

ピストンが上がる際は、作ったエアーをバルブブロックに送り込みますが、下がる時は逆にバルブブロックからエアーを引き戻してしまいます。

それを防ぐ為に、バルブブロック入り口にはワンウェイバルブが付いています。

しかし、その状態だとこのピストンが下がる際は負圧が発生し大きな抵抗になってしまいますので、下がる時はこの弁がパカッと開く事で負圧抵抗を解消し、スムーズに下がれるような工夫がされています。

 

 

ここまで分解してみて思った事。

 

このドライヤービーズが手に入るなら、定期メンテナンスメニューを作りたいな~なんて思いました。

 

スプリングなども錆びてボロボロになる前に清掃&グリースアップメンテなど行えば、エアサストラブルの予防になるでしょうね。


限界はあるでしょうが、私たちは出来るだけ、

「交換屋」ではなく「修理屋」であり続けたい。

そんな想いを持っているのがフリークのスタッフです。

今時では無いし、効率も悪いし、利益も少ない。

けれど、

そんな事をつゆぞ考えない変な経営者が居てもいいですよね(笑)

私は私の道を行きます。

 

 

 

そして。

 

この場を借りてお礼と進捗を報告です。

 

前に書いたブログで、工場エアコン設置計画を報告しました。

すると、

このブログを見て頂いている税理士の方から色々貴重なアドバイスを頂きました。

お仕事を依頼もした事が無い、遠く離れた愛媛県のこんな整備工場の為に、本当に色んな資料とアドバイスを下さいました。

本当にありがとうございました!

こんなにも的確で分かりやすいアドバイス、フリークの顧問税理士からして貰った事無いよ~(T_T)
毎月6万円位払っているのに・・・(-_-)

 

 

で、肝心のエアコンですが・・・

 

まず、屋根の断熱ありきなので、そちらの見積もりから入りました。

屋根の内側に断熱を入れるとなると、暫くの間仕事も出来なくなるし足場も必要で費用が高額になるとの事なので、屋根の更に上に断熱パネルを取り付けるという方向で見積もりをして貰いましたが・・・

 

見積もり金額は約400万円!

お・・・、思っていたより、かかるのですね・・・

ま、かかるよね。

依頼したのは、小中の頃の同級生が経営している建築会社。

(了解取って無いので名前は伏せましたが、愛媛では有名な会社です)

それなりにお安くもしてくれていました。

本当は、「同級生なんだから値引きなんかするな!」って言いたいけれど・・・

今回の値引きは非常にありがたい・・・(^^;

 

 

しかし、

今月末にうちの税理士さんが持って来てくれる振り込み用紙。

税金の支払いです。

これが約500万円・・・

振込用紙渡されて、翌日には支払わないといけないシステム。

これは絶対逃れられない。

 

両方合わせたら約1,000万円・・・(T_T)

 

うちみたいな弱小企業、現預金が一気に1,000万円も無くなったら、そりゃしんどくなってしまうので、もう少し体力付けるまで、断熱は見送ろうと思います。

気が付けば秋も目の前だし。

スタッフのみんな、ごめんね!!

目指せ!来年の夏の断熱&工場エアコン!!って事で。

 






※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

※弊社では時々整備ブログを書かせて頂いておりますが、ブログ掲載を行って欲しくないお客様は事前に申しつけ下さい。出来る限りこちらからも「掲載可否」を頂く様心掛けますが、折り悪くその接点を持てない事もあるかと思います。ご来店時アンケートにも、「掲載可否」の項目を追加させて頂きました。掲載内容・記述内容に付いて訂正・削除をご希望の方はご連絡下さい。出来る限り早急に対応させて頂きます。
 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

(1) フリークでは、密閉式ミッションの圧送交換が出来る様、様々なアタッチメントを製作・販売しております。商品一覧はこちらです → F-PETシリーズ

 

(2) 弊社より購入頂いたプロショップさんを地域別に掲載した一覧をインターネット上にアップしはじめました。これにより、ユーザー様がお近くのプロショップを検索できるようになります。サイトはこちら → F-PETプロショップ

 

(3) 弊社商品をお使いのプロショップさんの中で、弊社サイトへの掲載ご希望の方はこちらよりご連絡下さい。掲載店へはお客様から直接問い合わせ入ります。問い合わせ件数も増えている様で、掲載プロショップさんから感謝のメールを頂く事も多くなって来ました。他社との差別化を図れる情報発信のひとつとしてご登録下さい。

 

(4) 弊社への連絡でLINEをご希望の方は、会社LINEがありますのでID検索して連絡下さい → LINE-ID 「freakltd」

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

株式会社フリークのホームページはこちら

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました