車検整備-スズキ セルボ(HG21S) 軽自動車でもメンテナンス次第でまだまだ乗れます! | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆

 

フリークは国産車の車検・メンテナンスも勿論行っています。

 

こちらのセルボは、車検は今まで別の整備工場さんでしたが、

今回の車検はフリークにご依頼頂けました。

 

距離もある程度走ったお車ですが、

車はメンテナンスを行っていれば、

まだまだ長く乗れます。

 

今回はそのお手伝いも兼ねて、車検整備をさせて頂きました。


それでは説明に移らせて頂きます。

 

 

 

 

リフトに上げてタイヤを取り外し、各所点検を行います。

 

 

 

 

 

電気まわりのチェックやバッテリーチェック、

オルタネータチェックを実施。

 

バッテリーはもう寿命です。

 

ストップランプ球は、左右共に球切れで点灯していません。

ハイマウントストップランプだけ点灯。

 

 

 

 

 

4年程頑張ってくれたバッテリー。

寒くなって来た所で力尽きつつある様です。

 

 

 

 

 

新しいバッテリーに交換。

横に貼り付けられていたBOX 2つは、

新しい両面テープに交換し貼り付け直しています。

 

 

 

 

 

 

ブレーキパッドは左右の摩耗レベルに少し差があります。

スライドピンを清掃してグリスアップし組み付けて、

ブレーキパッドを新品に交換。

 

 

 

 

 

タイロットエンドブーツは裂けていてグリース漏れ。

車検に通りません。

 

 

 

 

 

ボールジョイント部分の古いグリースを綺麗に取り除き、

新しいグリースを詰め直し。

 

 

 

 

 

新品ブーツに交換。

 

 

 

 

 

ロアアームボールジョイントブーツも破れています。

 

 

 

 

 

ロアアームボールジョイントブーツ交換には非常に便利な工具。

 

 

 

 

 

グイッと下げると、完全に裂けているのが分かります。

 

 

 

 

 

裂けたブーツを外して、古いグリースを取り除きます。

 

 

 

 

 

新しいグリースを詰め直し、

 

 

 

 

 

ブーツを装着。

 

 

 

 

 

 

左側のタイロットエンドブーツは、裂けるまではなっていないものの、

 

 

 

 

 

外して見てみると亀裂は深く、もういつ裂けてもおかしくない状態。

 

 

 

 

放っておく訳もなく、ブーツを交換。

 

 

 

 

 

ロアアームは裂けていましたので交換。

 

 

 

 

 

スパークプラグを取り外して点検。

 

 

 

 

 

全体的に汚れも目立ちますが、

交換サイクルはもうとっくに過ぎている状態でした。

 

NGKのサイトには明記されていますが、

「 I 」や「 P 」が頭に付いているスパークプラグは長寿命タイプで、

最後に付いているタイプは、2万キロごとのこうかんになります。

 

 

 

 

新品に交換させて頂きました。

 

 

 

 

ブローバイには乳化したオイルが・・・

 

 

 

 

 

綺麗に掃除。

 

 

 

 

 

ここにも。

 

 

 

 

 

綺麗に掃除。

合わせて、ブローバイホースも取り外して掃除しておきました。

 

 

 

 

ドライブベルトです。

前回の交換記録が正しければ、

かなりの距離をこのベルトは頑張ってくれている様です。

 

 

 

 

お客様に相談の結果、交換させて頂く事に。

 

 

 

 

リヤハブロックナットは、左右振替は1度経験済みのナット。

錆びも出ているし交換します。

 

 

 

 

リヤブレーキシューは残量問題無し!!

表面を磨き上げて角を丸め、全体を清掃してメンテナンス完了。

 

 

 

 

締め付けトルクは180Nです。

締め過ぎると、ハブベアリングが痛みます。

トルクレンチを使います。

 

 

 

 

ロックをしてキャップします。

キャップには、水の混入を防ぐ為に液状ガスケットを塗布しています。

 

 

 

 

ブレーキフルード。

変色して色が濃いくなっています。

 

 

 

タンクがこれだけ汚れているという事は、

ブレーキキャリパーなどの末端部分はもっと汚れています。

 

 

 

 

抜いたブレーキフルードは、こんなにも真っ黒でした!!!

 

 

 

 

タンク内も綺麗になって気持ちいいですね。

 

 

 

上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、

 

 ・WAKO'Sクーラントブースター添加
 ・ブレーキフルード(DOT4)交換

 ・スパークプラグ交換

 ・バッテリー(40B19L)交換

 ・オルタネータベルト交換

 ・エアコンコンプレッサーベルト交換

 ・フロントブレーキディスクパッド交換

 ・タイロットエンドブーツ左右交換

 ・ロアアームボールジョイントブーツ左右交換

 ・リヤハブロックナット左右交換

 ・ブローバイホース及びエアクリーナーボックス清掃

 ・ストップランプ球左右交換

 ・WAKO'Sフューエルワン添加

 ・ガソリン補充


以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥ 136,600- です。 
   (内、諸費用は 58,370円です)

 

ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  137,650km>


■作業メカニック - 野間雄司
■写真撮影 - 野間雄司
■文 - 野間雄司

 

 

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

フリークでは、密閉式ミッションの圧送交換が出来る様、

様々なアタッチメントを製作・販売しております。

 

 

弊社より購入頂いたプロショップさんを地域別に掲載した一覧もインターネット上にアップしはじめました。

これにより、ユーザー様がお近くのプロショップを検索できるようになります。

サイトはこちら → F-PETプロショップ

 

合わせまして、プロショップさん同士の情報交換の場として、ネット上に承認式コミュニティを設けています。

興味のあるプロショップさんは「こちら」からお問い合わせ下さい。

 

商品一覧はこちらです → F-PETシリーズ

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら